A minimal implementation of infrared sender/receiver like IRKit by ESP8266
C++
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
minirum Fixes problem that can not get IR code Jul 27, 2018
LICENSE add LICENSE. Mar 24, 2017
README.md Add standalone Wi-Fi setup mode Jul 27, 2018
schematic.png Update README.md Jun 18, 2017
webconsole.png Update README.md Jun 18, 2017

README.md

minIRum

A minimal implementation of infrared sender/receiver like IRKit by ESP8266

Description

IRKitの GET,POST /messages 同様の機能だけをESP8266で実現する最小限の実装です

ESP-WROOM-02で動作確認済み

Maybe it will work on other ESP* boards.

How to use

1. Wiring

以下の通り接続

  • GPIO 12 - Infrared LED
  • GPIO 14 - Infrared receiver

schematic

赤外線リモコン受信モジュールはOSRB38C9AAなどの3.3V駆動可能のものを利用します

2. Flashing the firmware

Arduino IDEで minirum/minirum.ino を開き、ESP-WROOM-02に書き込みます。

Arduino core for ESP8266 WiFi chipはバージョン 2.3.0 を利用してください。

書き込み後、シリアルモニタを開いて 115200 bps で接続するとログを確認できます。

3. Power ON & Setup

  1. 電源を入れると設定モードで起動します。
  2. PCやスマートフォンで SSID minIRum_SETUP の無線LANアクセスポイントに接続します。
  3. Captive Portalにより設定画面が自動的に開きます。(開かない場合はブラウザで http://192.168.1.1/ にアクセスしてください)
  4. 既設の無線LANアクセスポイントのSSIDを選択し、パスワードを入力して 送信 をクリックすると設定が保存され、自動的に再起動します。
  5. 再起動後、設定された無線LANアクセスポイントに自動的に接続、DHCPによりIPアドレスを取得します。
  6. IPアドレスはシリアルモニタに表示されます。

アクセスポイントが見つからない等の理由で接続できなかった場合、再び設定モードになります。

See also

回路図とパーツリストは以下のブログ記事を参照してください。

ミニマルなIRKitクローンを作ってiOSから家電を制御する : Eleclog.

Example Requests

mDNSに対応している場合 minirum-[MACアドレスの下位3オクテット].local のアドレスで接続できます。

GET /messages

curl -i http://minirum-a492cd.local/messages
HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: text/plain
Content-Length: 383
Connection: close
Access-Control-Allow-Origin: *

{"format":"raw","freq":38,"data":[3550,1700,500,400,500,400,500,1300,500,1300,500,400,500,1300,500,400,500,400,500,400,500,1300,500,400,500,400,500,1300,500,400,500,1300,500,400,500,1300,500,400,500,400,500,1300,500,400,500,400,500,400,500,400,500,1300,500,400,500,1300,500,1300,500,400,500,1300,500,400,500,400,500,400,500,400,500,1300,500,400,500,400,500,1300,500,400,500,400,500]}

POST /messages

curl -i http://minirum-a492cd.local/messages -d'{"format":"raw","freq":38,"data":[3550,1700,500,400,500,400,500,1300,500,1300,500,400,500,1300,500,400,500,400,500,400,500,1300,500,400,500,400,500,1300,500,400,500,1300,500,400,500,1300,500,400,500,400,500,1300,500,400,500,400,500,400,500,400,500,1300,500,400,500,1300,500,1300,500,400,500,1300,500,400,500,400,500,400,500,400,500,1300,500,400,500,400,500,1300,500,400,500,400,500]}'
HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: text/plain
Content-Length: 2
Connection: close
Access-Control-Allow-Origin: *

simple web console

ブラウザでroot URLにアクセスすると簡易的なコンソールが利用できます。

webconsole

Requirements