OpenLayers 3で震度をマッピングする
JavaScript HTML
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
images
LICENSE
README.md
largeScalePoints.json
maprenderer.js
smallScalePoints.json
viewer.html

README.md

seismic-intensity-map

Seismic Intensity Map Rendering using Earthquake Information from JMA(Japan Meteorological Agency) by OpenLayers 3

気象庁防災情報XML電文の震度速報、震源・震度に関する情報から生成したGeoJSONを用いて、区域別の震度(数値)を当該区域上にマッピングします。

sample

  • 縮尺に応じて細分区域(188区域)と市町村等(1898区域)の表示が切り替わります。
  • jma-eqxml2geojsonで生成した2つのGeoJSONが必要です。
  • 描画にはOpenLayers 3を使用しています。

ファイル

  • maprenderer.js : 本体

  • images/*.png : 各震度と震源地のアイコン

  • viewer.html : サンプルhtml

  • largeScalePoints.json : サンプルGeoJSON

  • smallScalePoints.json : サンプルGeoJSON

GeoJSON (2015年5月30日 20:24分頃に小笠原諸島西方沖で発生した最大震度5強の地震のXML電文から生成したもの) をサンプルとして含めているので、viewer.htmlで表示を確認できます。