エアコンの電源をおしてもらったりするやつ
PHP JavaScript HTML Python Shell
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
airpippi
ansible
README.md
TODO.md

README.md

エアぴっぴ

なにこれ

Raspberry Piにエアコンのリモート操作をしてもらうためのソフトウェアです。

元々はEjectコマンドユーザー会のリポジトリに置いていたものを、もう少しまじめに作り替えたものです。

できること

  • 改造済み学習リモコンとフォトカプラを用いた電源ボタンの間接的制御機能
  • DS18B20+を用いた室温の記録(いまのところ60分間記録で固定)
  • ローカルWeb画面からの各種制御
  • Twitter連携による遠隔制御

必要なもの(ハードウェア)

Raspberry Pi

Model Aでも、Model Bでも、どのRaspberry Piでも良いです。Raspberry Pi 2でももちろん良いですが、性能的に持て余す感じです。

改造済み学習リモコン

作り方は「Raspberry Pi〔実用〕入門 ~手のひらサイズのARM/Linuxコンピュータを満喫!」( http://www.amazon.co.jp/dp/4774158550 )の「Appendix B:Ejectコマンドで遊ぼう」-「B-4:Ejectを卒業しよう」に書いたのでそれを見てください。

接続は、3V,GND,GPIO4です。

DS18B20+温度センサー

https://learn.adafruit.com/adafruits-raspberry-pi-lesson-11-ds18b20-temperature-sensing を参照してください。

接続は、GPIO#17とGNDです。

必要なもの(ソフトウェア)

Ansibleがインストールされたマシン

インストールにはAnsible 1.9以上を使用します。インストール方法は後述します。

Raspbian

Raspberry PiのOSはRaspbianを前提としています。SDカードのサイズはRaspbianの要件に準じます。

また、後述のAnsibleによるインストールのため、あらかじめSSH公開鍵を登録してください。

インストール

Ansibleを使用しています。

host_varsに変数ファイル用意します。exampleをコピーして、実行先のホスト名に合わせてください。設定の詳細は以下のとおりです。

なお、twitterのアプリケーションのキーは各自で取得してください。

Wi-Fiを使用したい場合はwifiに設定を記述します。使用しない場合はコメントアウトしてください。設定は複数記述できます。typeはNetworkManagerのkey-mgmtに相当します。

 ---
 ds18b20_id: <DS18B20のID(28-000001234567のように記述)>

 tw_consumer_key: <Twitterのアプリのコンシューマーキー>
 tw_consumer_secret: <Twitterのアプリのコンシューマーシークレットキー>

 # wifi.type: see key-mgmt ( https://developer.gnome.org/NetworkManager/0.9/ref-settings.html#id-1.3.3.2.25 )
 wifi:
   - type: wpa-psk
     ssid: mywifissid
     pass: MyWiFiPassword

Playbookの実行は以下のとおりです。

 $ ansible-playbook -i production -u pi site.yml

Playbookの実行後は、センサーを有効にするために再起動が必要です。

Copyright

The MIT License (MIT)

Copyright (c) 2015 Akira Ouchi <akkiesoft -at- marokun.net> a.k.a. @Akkiesoft

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.

ライブラリなど