Permalink
Find file
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
59 lines (40 sloc) 4.99 KB

Stream Analytics ウィンドウ関数の概要

リアルタイム ストリーミング シナリオでは、多くの場合、テンポラル ウィンドウに含まれるデータでのみ操作を実行する必要があります。ウィンドウ化関数のネイティブ サポートは Azure Stream Analytics の主要機能で、複雑なストリーム処理のジョブで開発者の生産性に大きな変化をもたらします。Stream Analytics により、開発者は、タンブリングホッピングスライディング ウィンドウを使用して、ストリーミング データで一時的な操作を実行できます。すべてのウィンドウ操作が、ウィンドウ終了時に結果を出力していることに注意してください。ウィンドウの出力は、使用される集計関数に基づく単一のイベントになります。イベントにはウィンドウ終了のタイム スタンプが提供され、すべてのウィンドウ関数が固定長で定義されています。最後に、すべてのウィンドウ関数を GROUP BY 句で使用する必要があることにも注意してください。

Stream Analytics ウィンドウ関数の概念

タンブリング ウィンドウ

タンブリング ウィンドウ関数は、次の例のように、データ ストリームを個別の時間セグメントに分割して、関数を実行するときに使用します。タンブリング ウィンドウの主な差別化要素は、重複しないで繰り返される点です。1 つのイベントが複数のタンブリング ウィンドウに属することはできません。

Stream Analytics ウィンドウ関数 (タンブリング) の概要

ホッピング ウィンドウ

ホッピング ウィンドウ関数は、一定の期間だけ前に進みます。重複できるタンブリング ウィンドウと考えると簡単で、イベントは複数のホッピング ウィンドウ結果セットに属することができます。ホッピング ウィンドウをタンブリング ウィンドウと同じにするには、ホップ サイズに、ウィンドウ サイズと同じ値を指定します。

Stream Analytics ウィンドウ関数 (ホッピング) の概要

スライディング ウィンドウ

タンブリング ウィンドウまたはホッピング ウィンドウとは異なり、スライディング ウィンドウ関数は、イベント発生時に出力のみを生成します。すべてのウィンドウに少なくとも 1 つのイベントがあり、€ (イプシロン) ごとに継続的に前に移動します。ホッピング ウィンドウのように、イベントは複数のスライディング ウィンドウに属することができます。

Stream Analytics ウィンドウ関数 (スライディング) の概要

ウィンドウ関数に関するヘルプ

さらにサポートが必要な場合は、Azure Stream Analytics フォーラムを参照してください。

次のステップ