Skip to content
Bitflyer用サーキットブレイク価格への自動指値Bot
Scala Dockerfile
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
project
src/main
.gitignore
Dockerfile
README.md
build.sbt

README.md

CircuitBreakOrder

概要

  • BitFlyerのサーキットブレイク価格に売りと買い指値(有効期限が1分)を毎分入れる
  • 新規注文を出して90秒後に約定確認を行い、約定していたらDiscordにて通知を送る
  • 本体の起動時、終了時に通知を送る

証拠金不足にならない限り、普通に裁量トレードをしても、間違えてキャンセルしても、問題ないです。

対象者

  • BitflyerのApiKeyが取得できる
  • DiscordのWebHookのURLを取得できる
  • ターミナルの使い方がわかる
  • dockerの使い方がわかる(インストールしてある)

ApiKey設定

./src/main/resources/apiKey.confファイルにBitflyerとDiscordのApiKeyを書く

  • Bitflyer
    ApiKeyを取得して以下のように記述する
  bitflyer_key = "bitflyer_key"
  bitflyer_key = ${?BITFLYER_API_KEY} //変更しない

  bitflyer_secret ="bitflyer_secret"
  bitflyer_secret = ${?BITFLYER_API_SECRET} //変更しない
  discord_key = "000000000000000000"
  discord_key = ${?DISCORD_API_KEY} //変更しない

  discord_secret ="aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa"
  discord_secret = ${?DISCORD_API_SECRET} //変更しない

枚数設定

./src/main/resources/apiKey.confファイルを変更してください ※文字列である必要があります!"〜"で囲うことを忘れずに

size = "0.01"

指値価格位置設定

以下の例だとサーキットブレイク価格の内側1000の位置に指値を巻きます
CB価格が80万〜120万の場合→80万1000円に買、119万9000円に売
※こちらは整数数字で入力

price_delta = 1000

実際に動かす

$ docker build . -t circuit-break-order

終わったら

$ docker run circuit-break-order
You can’t perform that action at this time.