Skip to content
No description, website, or topics provided.
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
Assets
Packages
ProjectSettings
.gitignore
LICENSE Initial commit Dec 21, 2018
README.md

README.md

EasyFacialAnimationImager

指定したAnimatorに登録してあるAnimationを再生してスクショを撮るスクリプト。

概要

登録してあるAnimationのスクショを撮って説明書や資料などに使いたい、ということは往々にして発生するかと思います。
そんな時にスクショを手動で1枚1枚丁寧に撮っていくのもいいですが、面倒なので自動化したいというのを実現したUnityチョットベンリになるスクリプトです。
タイトルにFacialとありますが、表情アニメーションに限ったスクリプトではなくモーションなどにも使えるかと思います。

使い方

  1. ReleasesからUnityPackageをダウンロードしてプロジェクトにインポートする。
  2. 空のGameObjectに EasyFacialAnimationImager コンポーネントをアタッチする、もしくは同名のプレハブをHierarchyに配置する。
  3. スクショを撮りたい対象のAnimatorを TargetAnimator に登録する。
  4. AnimatorLayerを分けている場合は LayerName にスクショを撮りたい対象のレイヤ名を入力する。
  5. エディタを再生する。
  6. 子にCameraが生成させるのでGameウィンドウを見ながらいい感じに調整する。
  7. コンポーネントを右クリックしてコンテキストメニューから Get All Facial Animation Image を選択する。
  8. Resources/(Animator名) 配下にスクショが生成される。

動作環境

Unity2018.2.13f1 のエディタ上で動作確認をしています。サンプルプロジェクトも同バージョンで作成しています。
特別な処理は行っていないのでUnity2017でも動作するかと思います。

FAQ

スクショが生成されないんだけど

Gameウィンドウを確認しながらでないと動作しません。確認せずに実行した場合はGameウィンドウを見ることでスクショが撮影されます。

それでもスクショ/フォルダが生成されないんだけど

スクショを撮影した直後はProjectウィンドウでは見えません(Unityが読み込んでくれないため)。エクスプローラやFinderで確認すると生成されていることが確認できるかと思います。
もしくは一旦別ウィンドウにフォーカスを移し、再度Unityに戻すと読み込みが行われます。

アスペクト比やサイズを指定したいんだけど

Gameウィンドウのアスペクト比を操作してください。要望が多ければインスペクタ上から選択できるように改良します。

ライセンス

このソフトウェアはMITライセンスの下で公開しています。

You can’t perform that action at this time.