Skip to content
No description, website, or topics provided.
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
Assets
Documents
Packages [update] シーン構成を微修正 May 18, 2019
ProjectSettings [add] SteamVR Input Bind 設定ファイル May 19, 2019
.gitignore [update] SteamVR Inputを除外 May 19, 2019
LICENSE [add] license May 18, 2019
README.md [update] れどみにデモGIFを仕込んだ May 19, 2019
actions.json [add] SteamVR Input Bind 設定ファイル May 19, 2019
binding_holographic_hmd.json
binding_rift.json
binding_vive.json
binding_vive_pro.json [add] SteamVR Input Bind 設定ファイル May 19, 2019
binding_vive_tracker_camera.json [add] SteamVR Input Bind 設定ファイル May 19, 2019
bindings_holographic_controller.json [add] SteamVR Input Bind 設定ファイル May 19, 2019
bindings_knuckles.json
bindings_oculus_touch.json [add] SteamVR Input Bind 設定ファイル May 19, 2019
bindings_vive_controller.json
unityProject.vrmanifest

README.md

NoitomHi5CalibrationByNotUsingHmd

Noitom Hi5をHMD無しでもキャリブレーションすることができるプロジェクト。
demo

概要

公式から出されているNoitom Hi5のキャリブレーション用プロジェクトは、HMDを被って操作する必要があります。
またHMDでの操作が必要なことから、VR Readyな環境でなければキャリブレーションできないという問題もあります。
これは運用の面から考えると非常に面倒なものです。

そこでキーボード入力によって操作を行えて、かつVR Readyではない環境でも疑似的なキャリブレーションを行えるようなプロジェクトを作成しました。
Noitom Hi5のキャリブレーションには本来Vive Controller / Vive Trackerが必要ですが、VR Readyではない環境の場合これらを使用することができません。
その為、Vive Controller / Vive Trackerの動き(以下、OpticalData)を事前に記録しておき、キャリブレーション時に読み込むことで疑似的にキャリブレーションできるようにしています。

使い方

事前準備

  1. SteamからSteamVRをインストールする (VR Readyではない環境でも必須です)
  2. 本リポジトリをクローンしてサンプルシーンを表示する、またはReleasesからバイナリをダウンロードする。
  3. 本リポジトリをクローンした場合は、Noitom Hi5 Unity SDKSteamVR Pluginをダウンロードしてインポートする。

VR Readyな環境の場合

  1. サンプルシーンを再生するかバイナリを実行する。
  2. Vive Controller / Vive Trackerが接続されていることを確認し、F2キー を押下してキャリブレーションを開始する。

VR Readyではない環境の場合

  1. 事前にVR Readyな環境でキャリブレーションを行い新規でOpticalDataを生成する。もしVR Readyな環境が無い場合はバイナリに同梱しているOpticalDataを用意する。
  2. 新規で作成したOpticalDataを使用する場合は、C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\HI5 に生成された OpticalDeviceBindInfo.xml ファイルを開き、2組あるHandTypeとSerialNumberを確認する。
    同梱しているOpticalDataを使用する場合は、C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\HI5\OpticalData にOpticalDataをコピーし 5. に進む。
  3. C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\HI5\OpticalData に生成されたOpticalDataのファイル名が 3. で確認したSerialNumberになっているはずなので、そのSerialNumberと対応するHnadTypeにファイル名を変更する。
    ファイル名は必ず LEFT.csvRIGHT.csv のどちらかになります。
  4. サンプルシーンを再生するかバイナリを実行する。
  5. F1キー を押下して 疑似 キャリブレーションを開始する。

共通

  1. Bポーズ、Pポーズキャリブレーションを画面の指示に従って行う。
  2. キャリブレーション完了後、 C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\HI5 以下にキャリブレーションデータ及びOpticalDataが生成されるため、必要ならばバックアップを取る。
  3. エンジョイ!

動作環境

  • Unity2018.2.21f1
  • Noitom Hi5 Unity SDK v1.0.0.655.16
  • SteamVR Plugin v2.2.0
    VR Readyではない環境でも必須です。

FAQ

疑似キャリブレーションが始まらないんだけど

画面下部にエラーメッセージを出力するようにしています。そのメッセージに従ってください。
よくあるミスとしては、OpticalDataのファイル名を LEFT.csvRIGHT.csv に変更することを忘れることです。

疑似キャリブレーションを行ってもキャリブレーション結果が悪いんだけど

あくまでも疑似キャリブレーションであるため、記録されたOpticalDataと同一の位置/方向で、同一の動きをしなければキャリブレーション結果が悪くなることを確認しています。
新規で作成したOpticalDataを使用している場合 は、位置/方向をそのデータを記録した位置/方向と同一にし、腕の移動開始タイミング/スピードを同一にすることで改善される可能性があります。
同梱しているOpticalDataを使用している場合 は、使用するスペースの中心/正面方向に立ち、腕の移動開始タイミング/スピードは画面上のアニメーションと同一にすることで改善される可能性があります。

ライセンス

本リポジトリはMITライセンスの下で公開しています。

You can’t perform that action at this time.