Skip to content
master
Go to file
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
doc
 
 
 
 
web
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

README.md

Open Book Camera v1

汎用的なデバイスで構成される高速な書影撮影システム

コンセプト

  • 書影(本の表示画像)キャプチャ用のスキャナデバイス
  • 本を置いたら自動撮影
  • 表紙・裏表紙・背の3面を高速撮影(2秒程度)
  • ネットワーク接続なしでスタンドアロン動作

システム構成

Installation

Windows:

conda install opencv==3.4.2
pip install -r requirements.txt
python capture.py

キーボード操作

キー 役割
0 コントローラーリセット
1 上面のカメラに切り替える
2 下面のカメラに切り替える
3 背面のカメラに切り替える
4 距離センサのテスト
c カメラの設定画面を開く
ESC システム終了
Enter 手動撮影

1→c 2→c と操作することで各カメラの設定を順次調整できます。調整結果は保存されません。

制御ボード

  • Arudinoシールド互換サイズ
  • MOSFETによる12V制御回路×4
  • 各種センサ向けのコネクタ(2.5mmピッチ・XHシリーズ)
  • Pololu Arduino library for VL53L0X
  • 光電センサ Z2T-2000N を本が置かれたことを検出するセンサとして採用

UVCカメラ

  • UVC規格の汎用的なUSBカメラに対応
  • カーリルではIPEVO社製V4Kを採用(800万画素)
  • 各カメラを独立したUSBポートに接続すること(USBハブを用いた場合は帯域不足となる)

注意事項

  • 輸送後にはフォーカス設定が変動する場合があります。最適な画質になる設定にソースコードを調整してください。
  • 2019年12月購入以降のV4Kにおいて、色温度の設定が自動化できない不具合を確認しています。この問題はopenCV側の不具合の可能性があります。cコマンドによるマニュアル設定をお願いします。

Release History

  • 0.0.1 Work in progress
  • 1.0.0 正式リリース
  • 1.1.0 V4K最新ファームウェアに対応
  • 1.2.0 V4K最新ファームウェアに対応
You can’t perform that action at this time.