Myrmesia Data Analysis
Jupyter Notebook
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
img
.gitignore
MultipleLinearRegression_myrmesia.ipynb
NagatomoNakamura,クラスター化法の統計的評価とその応用,1995年03月.pdf
README.md
myrmesia_measurement_data.csv

README.md

myrmesia_data

Myrmesia Data Analysis

キバハリアリの各部位を計測したデータセット. Ogata(1991)氏が測定したものである. 今回は,「NagatomoNakamura, "クラスター化の統計的評価とその応用", 1995年3月, p.197-201, 付録Dキバハリアリの部位測定データ」に載っているデータを使用した.

計測部位(特性,変数)は,12個からなる.

全標本数(標本の大きさ)は,N=252.

種類

キバハリアリの種類(SPGroup)を9種類に分けている.

  • aberrans
  • cephalotes
  • gulosa
  • mandibularis
  • nigrocincta
  • picta
  • pilosula
  • tepperi
  • urens

計測部位

  • HW(Head Width):頭幅
  • HL(Head Length):頭長
  • SL(Space Length): 柄節長
  • ML(Mandible Length): 大あご長
  • WL(Weber's Length of mesosoma): ウェーバーの胸長
  • PrW(Pronotal width): 前胸幅
  • HFL(Hind femoral Length): 後脚腿節長
  • PtW(Petiole Width): 腹柄節幅
  • PtL(Petiole Length): 腹柄節長
  • Ppw(Postpetiole Width): 後柄節幅
  • PpL(Postpetiole Length): 後柄節長
  • GW(Gastral width):腹部幅

計測値は 20 で割ると [mm] の単位になる. 表の中のデータの "-" は欠損値を表す.

測定部位

引用:NagatomoNakamura, "クラスター化の統計的評価とその応用", 1995年3月, p.130 図9.1キバハリアリの計測部位

Reference

  • NagatomoNakamura, "クラスター化の統計的評価とその応用", 1995年3月, p.130