Migration Guide of Beta to Gamma

Yuki KAN edited this page Jan 3, 2017 · 8 revisions

Beta から Gamma にマイグレーションする手順。

1. Mirakurun の導入 / アップデート

Chinachu Gamma は Mirakurun が必須です。導入が未だの場合は下記を参考にして導入してください。

※ Node.js の導入については Node.js 公式サイトのダウンロードページ から Linux Binaries を取得して展開するか、パッケージマネージャーを使用する方法 があります。

必ず Mirakurun を最新版にアップデートしてください。以前のバージョンでは動きません。インストールしただけでは γ で使えません。設定まで済ませてください。Mirakurun設定機能は Air で実装予定です。

2. チェックアウト / インストール

Operator と WUI は停止しておいてください。init.dの削除は不要です。

git fetch
git checkout gamma
./chinachu installer # full を選択

3. config.json の変更

新しい設定がいくつか追加されています。 config.sample.json を確認してください。

新しい設定

  • "mirakurunPath" または "schedulerMirakurunPath" で Mirakurun の接続先を指定できます。デフォルトは /var/run/mirakurun.sock です。
  • "storageLowSpaceThresholdMB" は MB 単位でストレージの限界閾値を設定できます。これは次の設定に影響します。
  • "storageLowSpaceAction" は限界閾値を超えたときの挙動です。
  • "none": 何もしません
  • "stop": 録画を停止します
  • "remove": 一番古い録画を削除していきます (推奨)
  • "storageLowSpaceNotifyTo" で限界閾値を超えたときのメールアラート通知先を設定できます。文字列です。
  • "storageLowSpaceCommand" で限界閾値を超えたときに実行するコマンドを設定できます。

不要な設定を削除

以下の設定は使われなくなりました。削除して構いません。

  • "schedulerEpgRecordTime"
  • "operSchedulerProcessTime", "operSchedulerIntervalTime"
  • "operRecOffsetStart", "operRecOffsetEnd"
  • "tuners"
  • "channels"

※チャンネル設定は Mirakurun に依存します。

4. 起動

停止しておいたサービスを起動します。init.d等の再設定は不要です。

  • 正常に起動できているかどうか、ログを確認してください
  • 手動予約は再設定が必要です
  • チャンネルを指定していたルールは再設定が必要です
  • Mirakurun を新規導入した場合 EPG が完全に取得し終わるまで数十分程度かかります
You can’t perform that action at this time.
You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.
Press h to open a hovercard with more details.