Permalink
Browse files

Japanese: translate up to Empty Functions in Practice

  • Loading branch information...
shmz committed Nov 15, 2017
1 parent 5f48486 commit e575b27aed9c473c9c4860a7afd29adfc6785c9c
@@ -0,0 +1,41 @@
\subsection*{mini-FAQ}

\par Q:この本を読むための前提条件は何ですか?
\par A:C/C ++の基本的な理解があるのが望ましいです。

\par Q:x86/x64/ARMとMIPSを本当にすぐに学ぶべきでしょうか?それはあまりにも大変ではないですか?
\par A:初心者は、ARMとMIPSの部分をスキップまたはスキミングしながら、x86/x64だけを読んでもいいです。

\par Q:ロシア語または英語のハードカバー/ペーパーブックを購入できますか?
\par A:残念ながら、いいえ。これまでにロシア語版や英語版を出版することに興味を持った出版社はいませんでした。その間に、お気に入りのコピーショップに印刷してバインドするよう依頼することができます。

\par Q:epubまたはmobiのバージョンはありますか?
\par A:いいえ。本はTeX / LaTeX固有のハッキングに強く依存しているので、HTML(epub / mobiはHTMLの集合です)への変換は簡単ではありません。

\par Q:最近、アセンブリ言語を学ばなければならないのはなぜですか?
\par A:あなたが\ac{OS}開発者でない限り、アセンブラでコード化する必要はないでしょう。最新のコンパイラ(2010s)は、人間よりも最適化を実行する方がはるかに優れています\footnote{このトピックに関する非常に良いテキスト:\InSqBrackets{\AgnerFog}}

また、最新のCPUは非常に複雑なデバイスであり、アセンブリの知識は内部を理解するのに役立つものではありません。

それは、少なくとも2つの領域があり、アセンブリの理解を深めることが役立つことがあります。まず、セキュリティ/マルウェアの研究に役立つことです。 また、デバッグ中にコンパイルされたコードをよりよく理解するための良い方法です。 したがって、この本は、アセンブリ言語を記述するのではなく、アセンブリ言語を理解したい人のために用意されています。そのため、コンパイラ出力の例が多数含まれています。

\par Q:PDF文書内のハイパーリンクをクリックしましたが、どのように戻ってきますか?
\par A:Adobe Acrobat ReaderでAlt+左矢印をクリックします。 Evinceで `` <''ボタンをクリックしてください。

\par Q:この本を印刷して教えてもいいですか?
\par A:もちろん!だからこの本はクリエイティブコモンズライセンス(CC BY-SA 4.0)に基づいてライセンスされています。

\par Q:なぜこの本は無料ですか?あなたは素晴らしい仕事をしてきました。これは他の多くの自由なものと同様に疑わしいものです。
\par A:私自身の経験では、技術文献の著者は主に自己宣伝の目的で書いています。そのような仕事からまともな金を稼ぐことはできません。

\par Q:リバースエンジニアリングではどのように仕事をしていますか?
\par A:redditには時々現れる採用スレッドがあり、RE\FNURLREDDIT{}(\RedditHiringThread{})に専念しています。そこを見てみてください。

多少関連する採用スレッドは、netsecサブディレクトリ(\NetsecHiringThread{})にあります。

\myindex{LISP}
\par Q:一般的にプログラミングを学ぶにはどうすればいいですか?
\par A:C言語とLISP言語の両方をマスターすると、プログラマーの生活はずっと簡単になります。私は[\KRBook]と\ac{SICP}の練習問題を解くことをお勧めします。

\par Q:質問があります...
\par A:私にメールしてください(\EMAIL)
@@ -81,4 +81,3 @@ FR:

JP:
$(call compile,RE4B-JP)

@@ -8,7 +8,8 @@ \part*{%
\DE{Verwendete Abkürzungen}%
\PLph{}%
\ITAph{}%
\FR{Acronymes utilisés}
\FR{Acronymes utilisés}%
\JPNph{}
}
\addcontentsline{toc}{part}{%
\RU{Список принятых сокращений}%
@@ -19,7 +20,8 @@ \part*{%
\DE{Verwendete Abkürzungen}%
\PLph{}%
\ITAph{}%
\FR{Acronymes utilisés}
\FR{Acronymes utilisés}%
\JPNph{}
}
\begin{acronym}
\RU{
@@ -143,6 +145,15 @@ \part*{%
\acro{LSB}{Bit le moins significatif} % NOT BYTE!
\acro{NSA}{\FRph{}}
}%
\JPN{
\acro{OS}{\JPNph{}}
\acro{FAQ}{\JPNph{}}
\acro{OOP}{\JPNph{}}
\acro{PL}{\JPNph{}}
\acro{PRNG}{\JPNph{}}
\acro{ROM}{\JPNph{}}
\acro{ALU}{\JPNph{}}
}%
\acro{RA}{\ReturnAddress}
\acro{PE}{Portable Executable}
\acro{SP}{\gls{stack pointer}. SP/ESP/RSP \InENRU x86/x64. SP \InENRU ARM.}
@@ -160,6 +171,7 @@ \part*{%
\ITAph{}%
\THAph{}%
\FR{Désassembleur interactif et débuggueur développé par \href{https://hex-rays.com/}{Hex-Rays}}%
\JPNph{}%
}
\acro{IAT}{Import Address Table}
\acro{INT}{Import Name Table}
@@ -182,6 +194,7 @@ \part*{%
\DEph{}%
\ITAph{}%
\THAph{}%
\JPNph{}%
}
\acro{CRT}{C Runtime library}
\acro{CPU}{Central Processing Unit}
@@ -202,7 +215,8 @@ \part*{%
\acro{SEH}{Structured Exception Handling}
\acro{ELF}{\RU{Формат исполняемых файлов, использующийся в Linux и некоторых других *NIX}
\EN{Executable File format widely used in *NIX systems including Linux}\ESph{}\PTBRph{}\PLph{}\ITAph{}\DEph{}\NLph{}
\FR{Format de fichier exécutable couramment utilisé sur les systèmes *NIX, Linux inclus}}
\FR{Format de fichier exécutable couramment utilisé sur les systèmes *NIX, Linux inclus}
\JPN{Linuxを含め*NIXシステムで広く使用される実行ファイルフォーマット}}
\acro{TIB}{Thread Information Block}
\acro{TEA}{Tiny Encryption Algorithm}
\acro{PIC}{Position Independent Code}
@@ -6,3 +6,4 @@
\FR{\input{afterword_FR}}
\DE{\input{afterword_DE}}
%\CN{\input{afterword_CN}}
\JPN{\input{afterword_JPN}}
@@ -0,0 +1,20 @@
\part*{Afterword}
\addcontentsline{toc}{part}{Afterword}

\section{Questions?}

恥ずかしがらずに著者へメールしてみよう
\GTT{<\EMAIL>}.
この本への新たなコンテンツについての提案がありますか?
怖がらずにどんな訂正でも送ってください(文法ミスも含め(私の日本語がとってもひどいのを見てるでしょ?))

The author is working on the book a lot, so the page and listing numbers, etc., are changing very rapidly.
Please do not refer to page and listing numbers in your emails to me.
There is a much simpler method: make a screenshot of the page, in a graphics editor underline the place where you see the error,
and send it to the author. He'll fix it much faster.
And if you familiar with git and \LaTeX\, you can fix the error right in the source code:

\href{http://go.yurichev.com/17089}{GitHub}.

Do not worry to bother me while writing me about any petty mistakes you found, even if you are not very confident.
I'm writing for beginners, after all, so beginners' opinions and comments are crucial for my job.
@@ -13,11 +13,11 @@

\href{https://github.com/dennis714/RE-for-beginners/blob/master/Translation.md}{Read here}.

We already have something in \href{https://beginners.re/RE4B-DE.pdf}{German},
\href{https://beginners.re/RE4B-FR.pdf}{French}, a bit in
\href{https://yurichev.com/tmp/RE4B-IT-partial.pdf}{Italian},
\href{https://yurichev.com/tmp/RE4B-PTBR-lite2.pdf}{Portuguese} and
\href{https://yurichev.com/tmp/RE4B-PL.pdf}{Polish}.
いくつかは既にあります。\href{https://beginners.re/RE4B-DE.pdf}{ドイツ語},
\href{https://beginners.re/RE4B-FR.pdf}{フランス語}, 少しですが
\href{https://yurichev.com/tmp/RE4B-IT-partial.pdf}{イタリア語},
\href{https://yurichev.com/tmp/RE4B-PTBR-lite2.pdf}{ポルトガル語} と
\href{https://yurichev.com/tmp/RE4B-PL.pdf}{ポーランド語}

スピードは重要ではありません。なぜなら、これはオープンソースプロジェクトなのですから。
あなたの名前はプロジェクト寄稿者として言及されます。
@@ -1,4 +1,4 @@
\subsection{\EN{Cryptography}\ES{Criptograf\'ia}\ITA{Crittografia}\RU{Криптография}\FR{Cryptographie}\DE{Kryptografie}}
\subsection{\EN{Cryptography}\ES{Criptograf\'ia}\ITA{Crittografia}\RU{Криптография}\FR{Cryptographie}\DE{Kryptografie}\JPN{暗号学}}
\label{crypto_books}

\begin{itemize}
@@ -11,7 +11,8 @@
\PTBRph{}%
\DEph{}\PLph{}%
\ITAph{}%
\FR{exposant}
\FR{exposant}%
\JPN{指数}
} &
\bitbox{23}{%
\RU{мантисса}%
@@ -20,7 +21,8 @@
\PTBRph{}%
\DEph{}\PLph{}%
\ITAph{}%
\FR{mantisse ou fraction}
\FR{mantisse ou fraction}%
\JPN{対数または比}
}
\end{bytefield}
\end{center}
@@ -33,6 +35,7 @@
\PTBRph{}%
\DEph{}\PLph{}%
\ITAph{}%
\FR{signe}
\FR{signe}%
\JPN{記号}
)
\end{center}
@@ -8,6 +8,7 @@ \chapter{%
\FR{Fondamentaux importants}%
\PLph{}%
\ITAph{}%
\JPNph{}%
}

%\clearpage
Oops, something went wrong.

0 comments on commit e575b27

Please sign in to comment.