The Japanese version of Discover Meteor
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
.gitignore
01-introduction.md.erb
02-getting-started.md.erb
02s-deploying.md.erb
03-templates.md.erb
03s-using-github.md.erb
04-collections.md.erb
04s-publications-and-subscriptions.md.erb
05-routing.md.erb
05s-the-session.md.erb
06-adding-users.md.erb
06s-reactivity.md.erb
07-creating-posts.md.erb
07s-latency-compensation.md.erb
08-editing-posts.md.erb
08s-allow-and-deny.md.erb
09-errors.md.erb
09s-creating-a-meteor-package.md.erb
10-comments.md.erb
10s-denormalization.md.erb
11-notifications.md.erb
11s-advanced-reactivity.md.erb
12-pagination.md.erb
13-voting.md.erb
13s-advanced-publications.md.erb
14-animations.md.erb
14s-vocabulary.md.erb
LICENSE
README.md

README.md

This is the Japanese version of Discover Meteor.

Check it out live at http://ja.discovermeteor.com/

翻訳への参加方法

Gitter

レポジトリにissueを追加し、 @SachaG 宛てに参加の意志を伝えてください。英語版のソースへのアクセス権をもらうことができます。

翻訳ガイドライン

https://www.discovermeteor.com/guidelinesより抜粋

翻訳対象について

  • 各ファイルの先頭にある --- に囲まれた領域 (YAML frontmatter) は変更しないようにしてください
    • title content version は変更して大丈夫です
  • 英語版レポジトリに含まれているファイルのみ翻訳するようにしてください (extra chaptersは翻訳しないように)

便利情報

他の人と作業が重複しないためにできること

  • 新しいファイルの翻訳を始める時に、GitHubに新しいissueまたはプルリクエストを追加しておく
  • コミットとプッシュを頻繁におこなう
  • 作業を始める前にプルしておく

実際の翻訳作業にあたって

  • レイアウトや見た目はなるべく原文に近づけるようにお願いします
  • とはいえ、日本語としてすんなり読めるようにおおいに編集してください

その他

原文のバージョンとの対応付けについて

日本語版レポジトリでは、ファイルの先頭にあるメタデータに、version: x.x という形で対応する原文のバージョンを記録しています。

バージョン番号はChangelogファイルに記録されている 1.7 などの数字を使います。そのバージョンの原文は、GitHub上からだと下のスクリーンショットにあるドロップダウンメニューで、該当する「Tag」を選ぶことで見ることができます。

Tag dropdown

翻訳する時や修正する時は、対応する英語版のソースを参照するようにしてください。

  • 新規に翻訳を始める時は、最新バージョンをベースにする
  • バージョンを更新する時は、対象ファイルの元バージョンと最新バージョンの差分を見ながら変更を反映する
  • 翻訳・更新が終わったら version: x.x を更新する

差分はGitHub上で確認できます。例えばバージョン 1.7 と最新版の差分は以下のURLで見られます:

https://github.com/DiscoverMeteor/DiscoverMeteor_En/compare/1.7...master

1.7と1.8を比較するならば、URLの最後を 1.7...1.8 とします。

コマンドラインでOKな方はもちろん git diff 1.7 1.8 でどうぞ。