Permalink
Switch branches/tags
Nothing to show
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
80 lines (51 sloc) 3.68 KB
title keywords tags sidebar permalink summary folder
開発環境構築
開発環境の構築
quickstart
guideline
home_sidebar
guideline_development
EC-CUBE 3を開発するための環境構築手順を説明します
guideline

開発用環境の構築

GitHub からソースコードを取得して開発を始める

GitHubからEC-CUBE3をダウンロードすると、ダウンロードした時点での最新状態のEC-CUBE3で開発が行えます。
こちらはリリースにまだ含まれていない機能追加・修正が含まれていることがあります。

  1. composer のインストール

こちら https://getcomposer.org/download/{:target="_blank"} を参考に、 composer をインストールしておきます。

  1. ソースコードの取得

以下のコマンドを実行します。

composer create-project ec-cube/ec-cube ec-cube "dev-master"

最後に、

Do you want to remove the existing VCS (.git, .svn..) history? [Y,n]? 

と聞かれるので、 n と入力します。

以上で最新のEC-CUBE3が利用できる環境が整います。常にEC-CUBE3のバージョンへ追随したい場合、 http://qiita.com/chihiro-adachi/items/f31c9d90b1bcc3553c20{:target="_blank"} を参考にしてください。

公式サイトよりEC-CUBE3をダウンロードし開発を始める

EC-CUBE3の公式サイトからダウンロードして開発を始めるにはアカウントを作成する必要があります。 アカウントを作成されていない方は、こちら{:target="_blank"} より新規会員登録をお願いします。
既にアカウントを作成されている方は、普段お使いのアカウントをご利用ください。

  1. 公式サイトからダウンロード
    http://www.ec-cube.net/download/{:target="_blank"} から最新のEC-CUBE3をダウンロードします。

  2. 必要なライブラリをインストール
    公式サイトよりダウンロードしたEC-CUBE3には開発時に便利なライブラリが含まれておらず、 開発する際には色々と不便なため、 GitHubからダウンロードし開発を始めるの2、3を参考にしてcomposerのインストール、実行を行ってください。

実行環境の構築

ビルトインウェブサーバを利用した実行環境構築

php5.4からビルトインウェブサーバ{:target="_blank"}と呼ばれる機能が提供されており、この機能を使用することで簡単にEC-CUBE3の実行環境が作成できます。

ビルトインウェブサーバを実行するには以下のコマンドを実行します。

php -S localhost:8000 -t html html/index.php

これだけで、ブラウザからhttp://localhost:8000/にアクセスするとEC-CUBE3が動作します。

また、インストール時にデータベースとして SQLite を選択することで、MySQLやPostgreSQLを用意せず開発環境が作成可能です。

※ ビルトインウェブサーバやSQLLiteは本番環境では推奨されておらず、開発環境のみでご利用ください。

他の実行環境構築