Permalink
Switch branches/tags
Nothing to show
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
186 lines (141 sloc) 4.65 KB
title keywords tags sidebar permalink summary
doctrine_cache.ymlの設定
doctrine cache config file
spec
getting_started
home_sidebar
spec_doctrine-cache
Doctrineのキャッシュの利用設定について解説します。

キャッシュタイプ

キャッシュタイプとしては以下を設定できます。

キャッシュタイプ 概要
metadata_cache Doctrine のメタデータ(Entity Yaml ファイルの情報等)をキャッシュします。
query_cache ORM から SQL の変換結果をキャッシュします。
result_cache DQL の検索結果をキャッシュします。
hydration_cache 連想配列から、 Entity への変換結果をキャッシュします。

result_cache の追加設定

後述のドライバの設定のほか、以下の設定を利用可能です(3.0.12以降)

  • lifetime
    • キャッシュの有効期限(秒)
    • デフォルト値は3600
  • clear_cache
    • キャッシュされたエンティティが更新される際に、キャッシュを削除するかどうか
    • デフォルト値はtrue
    • falseの場合、管理画面で編集を行った際にもキャッシュの削除を行いません
    • キャッシュの削除タイミングをコントロールしたい場合に利用してください

キャッシュドライバ

キャッシュドライバとしては以下を設定できます。

array

デフォルトの設定です。リクエストごとに PHP array でキャッシュを生成します。開発環境向け。

  • 設定例
  <cachename>_cache:
    driver: array
    path:
    host:
    port:
    password:

filesystem

キャッシュファイルをファイルシステムに保存します。
SSD など、高速なストレージを使用している場合に効果を期待できます。
path: パラメータでキャッシュの保存先を指定します。

  • 設定例
  <cachename>_cache:
    driver: filesystem
    path: /path/to/ec-cube/app/cache/doctrine/<cachename>
    host:
    port:
    password:

apc

APC User Cache を利用して、キャッシュをメモリ上に保持します。
予め apcu をインストールしておく必要があります。

pecl install apcu
  • 設定例
  <cachename>_cache:
    driver: apc
    path:
    host:
    port:
    password:

xcache

xCache を利用して、キャッシュをメモリ上に保持します。
予め xCache をインストールしておく必要があります。

## for ubuntu
sudo apt-get install php5-xcache

## for centos7
sudo rpm -iUvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-5.noarch.rpm
sudo yum --enablerepo=epel install php-xcache

## for macos x
brew install php56-xcache
  • 設定例
  <cachename>_cache:
    driver: xcache
    path:
    host:
    port:
    password:

memcached

memcached にキャッシュを保存します。
libmemcached を必要とします。 PECL memcached を入れておく必要があります。
host: 及び port: で memcached の接続先を指定します。

## for ubuntu
sudo apt-get install memcached

## for centos7
sudo yum install memcached

## for macos x
brew install memcached
pecl install memcached
  • 設定例
  <cachename>_cache:
    driver: memcached
    path:
    host: localhost
    port: 11211
    password:

memcache

memcached にキャッシュを保持します。 driver: memcached の場合と異なり、 libmemcached を必要としません。
PECL memcache を入れておく必要があります。
host: 及び port: で memcached の接続先を指定します。

  • 設定例
  <cachename>_cache:
    driver: memcache
    path:
    host: localhost
    port: 11211
    password:

redis

redis にキャッシュを保持します。
予め PECL redis をインストールしておく必要があります。
host: 及び port: で redis-server の接続先を指定します。

  • 設定例
pecl install redis
  <cachename>_cache:
    driver: redis
    path:
    host: localhost
    port: 6379
    password: