Skip to content

Release Notes in English

  • Fixed a bug that the size of root cell of a tree becomes too large for boundary conditions other than open boundary condition and periodic boundary condition for all directions (As a result of this bug, the calculation of interaction was executed only in a single thread; this bug occurs when using FDPS version 5.0c).
  • Fixed a bug that member variables make_LET_1st, make_LET_2nd, exchange_LET_1st, and exchange_LET_2nd of class PS::TimeProfile are not correctly set for some PS::SEARCH_MODE in FDPS version 5.0 - 5.0c. As we changed the scopes of time measurement, each value of these member variables is not compatible with that in FDPS version 4.1 or earlier, but the sum of them is compatible.
  • Fixed a problem that user’s code stops due to segmentation fault when the memory pool used inside FDPS runs out.
  • Fixed a problem that gen_ftn_if.py stops with an error when EssentialParticleI types have search radius (C/Fortran only).
  • [Important] This version of FDPS uses a feature of C++11. Hence, users must add an appropriate compiler option such as -std=c++11 in GNU gcc to your C++ and CUDA compilers.

Release Notes in Japanese

  • 孤立境界条件及び全方向周期境界条件以外の境界条件で、ツリーのルートセルの設定が正しく行われない問題を修正(このバグの結果、相互作用計算を単一のスレッドで行うようになってしまっていました; このバグはFDPSバージョン5.0cを使った場合に発生します)。
  • FDPSバージョン5.0から5.0cにおいて、一部のSEARCH_MODEで、PS::TimeProfile のメンバ変数 make_LET_1st, make_LET_2nd, exchange_LET_1st, exchange_LET_2nd に値が設定されない問題を修正。時間測定の範囲の変更のため、個々の変数の値はFDPS バージョン 4.1 以前のものと互換性がないが、これらの和については互換性がある。
  • FDPSが内部で使用するメモリプールのサイズが不足していた場合、セグメンテーション違反によりコードが停止してしまう問題を修正。
  • Fortran/CからFDPSを使う場合に、EssentialParticleI型が探索半径を持っているとgen_ftn_if.pyがエラーで停止してしまう問題を修正。
  • [重要] 本リリースからFDPS内部でC++11の機能を使用している。そのため、C++ コンパイラ、及び、CUDA を利用する場合には CUDA コンパイラにも適切なオプション (GNU gcc であれば -std=c++11) をつける必要がある。
Assets 2
You can’t perform that action at this time.