Skip to content
Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Find file Copy path
6 contributors

Users who have contributed to this file

@ryotan @keel-dev @kiyohome @tenten0213 @brtaft @kiyotis
152 lines (85 sloc) 11.5 KB

サービス開発のエンジニアリングガイド

はじめに

このドキュメントは、サービス開発のエンジニアリング部分を担うエンジニアに対して、開発開始前・開発中になにをすべきか、なにを参照すれば良いかを示すものです。サービス開発に必要と考えているアクティビティについて、現時点で最適と考えている進め方を記載しています。プロジェクトのメンバースキルや文化に強く依存するため、ここでは開発プロセスを定めていません。

サービスの開発開始前にこのドキュメントを一通り確認して、開発をどのように進めるか検討してください。

このドキュメントの対象読者

サービス開発のエンジニアリング部分を始めようとしているエンジニアや、実際にサービス開発を進めているエンジニアを対象としています。

サービス開発の考え方

サービス型ビジネスモデルにおいては、変化が速く不確実で予測困難な市場に対して、ビジネス面の仮説検証サイクルを繰り返し、市場の反応を見ながらサービスを改善して付加価値を高めていくことが重要になります。

このようなモデルでは、サービスの成功にはビジネス仮説の検証機会を増加させることが必要となりますが、そのためには、いかにしてビジネス仮説から市場へのローンチまでにかかる時間(リードタイム)を短縮するかが鍵になってきます。

仮説検証サイクル

development-flow

エンジニアを育成する

創造的なサービス開発において、開発チームは自己組織化されたチームであることが求められます。つまり、自分たちで、自分たちにとって最適のやり方を選択し、サービスの付加価値を高めていくことが求められます。

そのためには、サービス開発のチームを構成するとき、開発メンバーは機能横断的であり、チームとしてフルスタックのスキルをカバーするように構成するのが望ましいです。特に、個々のメンバーはT字型のスキルを持ち、継続的に必要なスキルセットを獲得していく必要があります。

フルスタックエンジニアを育成するにあたり、対象とする分野やランク定義を指標化して以下に公開しています。

また、社内におけるフルスタックエンジニアを育成するための取り組みを以下に公開しています。

システムアーキテクチャを設計する

まずは今から構築するサービスを俯瞰し、全体がどのように構成されるのかを設計・可視化することで、サービスのシステム的な側面についてチームの認識を合わせることができるようになります。

サービス開発で実際に採用したシステムアーキテクチャの事例を以下に公開しています。

アプリケーションアーキテクチャを設計する

クラウドネイティブなアプリケーションアーキテクチャを採用することで、サービス開発のプラットフォームを利用してクラウドのメリットを十分に生かすことができます。

クラウドネイティブなアプリケーションアーキテクチャについては、次のリンク先を参照してください。

構築するアプリケーションの特徴に合わせて、利用するアプリケーションフレームワークも決定する必要があります。FintanのSpringアプリ開発ノウハウ集では、広いエコシステムを持ち、クラウドサービスとの連携も充実しているSpringについてのノウハウをまとめています。

また、サービス開発で実際に採用したアプリケーションアーキテクチャの事例を以下に公開しています。

開発プロセスを設計する

サービスの開発では、市場に投入してフィードバックに基づいて改善する、というサイクルを頻繁に回していくことが重要です。

そのため、漸次的にアプリケーションを作り上げていくスクラムのような開発プロセスが好ましいです。

スクラムに関しては、Fintanのスクラム関連のコンテンツを参照してください。

また、サービス開発でスクラム開発を実践した事例を以下に公開しています。

開発環境を準備する

サービスを開発するチームにとって、チケット管理(かんばん)やGitリポジトリ、CIツール、チャットは必要不可欠なツールです。これらのツールが含まれた環境を素早く構築できる、Collaborageというテンプレートを公開しています。

また、クラウド環境上で提供されているCIサービスを活用して、CIを実践した事例を以下に公開しています。

テスト環境と本番環境を用意する

「エンジニアリングの高速化」を実現するため、サービスを開発するエンジニアがアプリケーション開発に集中できる環境を整備することが重要です。

そのために、クラウドのサービスを活用し、環境構築の時間短縮や運用負荷の軽減を行います。

今後、クラウドを活用したテスト環境と本番環境の構成事例を公開していく予定です。

テストを計画する

アプリケーションに対して何をどこまでテストすればリリースできるのかを検討することは、リスクに見合わない過剰な投資を避けるなど、サービスのROIを高めることに役立ちます。また、リリースのための基準を設けることで、開発を進めやすくなる側面もあります。

そして、何をどこまでテストするかを決めたら、開発プロセスの中でいつどうやってテストしていくのかを計画します。そうすることで、アプリケーションの品質をどのように作りこむのか、見通すことができるようになります。

テストを計画するにあたっての詳細は、Fintanのテスト関連のコンテンツを参照してください。

アプリケーションを実装・テストする

サービス開発では継続的で頻繁な市場投入とフィードバックの獲得が重要とされるため、アプリケーションを頻繁にリリースする必要があります。

この際に、手動でのリグレッションテストは、往々にして以降の継続的なリリースにおいてボトルネックとなります。そのため、例えば重要な一部の機能だけはリグレッションテストを自動化して最低限の品質を担保し、リリースの頻度を下げないようにするなどの対応が必要になります。

また、テスト自動化の実践例を以下に公開しています。

テストだけでなく、実装についてもサービス開発などを通じて得られるノウハウを整理し、「ノウハウ集」に集約することでプロジェクトやグループ全体が活用しやすい情報にしていきます。現在は、以下のノウハウ集がFintanで公開されています。

サービスをリリースする

サービスをリリースするときには、安全で確実なリリースが求められますが、簡単に実現できることではありません。

今後、サービスの安全で確実なリリースを支援するための仕組みを公開する予定です。

サービスを運用する

サービスを市場に投入した後は、例えばアクティブユーザー数や、ページビュー数などの指標値を利用して市場からのフィードバックを観測します。そういったフィードバックを受けて、次の改善の優先順位を判断することになるため、指標値を可視化していつでも確認できるようにすることが望ましいです。

今後、指標値を簡単に確認できるようにする仕組みを公開する予定です。

License

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このドキュメントはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

You can’t perform that action at this time.