Permalink
Switch branches/tags
Nothing to show
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
175 lines (108 sloc) 3.68 KB

Go Conference 2013 spring

概要

内容

GoConと言いたいがために開催する会です。 Goに触れたことがある人もない人も、Goの高まりを感じれれば大成功です。 まだGoを触ったことない人が大多数なので触ったことなくても当然ノープロブレム。 午前中はハンズオンなどしつつ、午後はプレゼンをしたいなと思っています。(PyFes方式)

日時

日付:2013/04/13
時間:10:00-18:00 (仮)

運営側で行う受付は9:30-10:00と13:15-13:45の2回です。

会場

オラクル青山センター 13F

無線LAN:あり
電源:あり
フリードリンク:あり
住所:東京都港区北青山2-5-8
URL:http://www.oracle.com/jp/corporate/branch/aoyama-078891-ja.html

参加費用

無料

申込

http://connpass.com/event/1906/

受付

なるべく運営が楽な感じでやります。

遅刻

基本遅刻は厳禁です。運営の人数が限られているためそちらにリソースは割けません。

遅刻した人は「次に遅刻した人を迎えに行く」という条件で迎えに来てもらえる可能性はあります。

主催側が自主的に迎えに行くことはありません。

キャンセル

ドタキャンは構いませんが、会場の諸々のためにイベント告知サイトでの キャンセル処理は必ず行なって下さい。

運営

やまぐち (@ymotongpoo) のGoConしたい欲がすべてで開催されます。よろしくお願いします。

主催

  • ymotongpoo
  • Jxck
  • najeira

ハッシュタグ

#gocon

お手伝い頂いている方々

ロゴ作成:@atusi
受付:@nuki_pon, @RicoImazu

なにかしら人手が必要になった時にお手伝いいただけたら嬉しいです。

ハンズオン

午前中はいくつかのグループにわかれて、ハンズオンやもくもく会を実施したいと考えています。

A. 初めての人向け

講師:@tenntenn

まずは何はともあれA Tour of Goをやってみる。質問があれば聞く。

B. ちょっとやったことある人向け

講師:@IanMLewis

手元にGo環境を用意してなにか作ってみる。質問があれば聞く。

C. 上級者向け

講師:@alvegacom, @dspaid (英語 or 簡単な日本語)

もくもくする。Go本体にパッチ投げてもよし。

プレゼン

一人15-20分程度を考えていますが、柔軟に時間調整します。

@tenntenn

Go言語で作るWebアプリ

@Jxck_

Goroutine/Channel で並行処理

@najeira

GAE/Goに関する何か(仮)

@moriyoshi

ガイアがモテているGoユーザにもっと輝けと囁いている(仮)

@fumitoshi_ukai

Goから享受したもの(仮)

@derekcollison (introduced by @yssk22)

Case study of Apcera (draft)

  • the overview of PaaS product in Go
  • why decided to use Go and how about other candidates.
  • what could be resolved with Go, what could not.
  • recommendations for whom to try to use Go in production systems.

参考: http://gigaom.com/2012/09/13/will-go-be-the-new-go-to-programming-language/

@methane

GOMAXPROCS の基礎

何もかも未定。発表者大募集中です。(Pull Requestにて受け付けます)

懇親会

運営が主催することはありません。野良懇親会は大歓迎です。

近場のお店