Skip to content
Minecraft AFK Supporter
C#
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
MCAFKS
.gitattributes
.gitignore
LICENSE
README.md
VERSION.md

README.md

MCAFKS

Minecraft AFK Supporter(MCAFKS)
取り扱うための親切丁寧な説明書

摘要

このソフトウェアはMinecraftからチャットを抽出して表示するだけのパッとしない物です。
主に、マルチプレイに於いて、TT(トラップタワー)で放置して他ゲーをプレイしている自分のために開発されました。

常時最前面表示機能(否が応でも常に手前に表示する機能)も備えてあります。
もちろん、Minecraftを最小化していても問題ありません。

使い方

設定画面

起動時に設定画面が開きます。
ログファイルの場所を変更している場合などはlatest.logの場所を指定して下さい

「更新チェック間隔」を変更すると、チャットの反映間隔が変化します(ミリ秒=1/1000秒単位)
短い方がよりリアルタイム性が高いですが(主にディスクに対して)高負荷になると思います。
逆に、長いとリアルタイム性は落ちますが、負荷が下がると思われます。
デフォルトは5000(5秒)です。

「起動時にこの画面を表示しない」にチェックを入れて設定を完了すると次回以降起動時に設定画面が開かなくなります。
この場合でも、設定画面は「右クリック->設定」からいつでも開く事が出来ます。

もし、設定が不調でデフォルトに戻しちゃいたい時は「MCAFKS.exe」と同じフォルダにある「config.xml」を消しちゃえばよいのです。

本体

チャットが流れてくるだけです。
新規メッセージは「緑色(変更可)」で表示されます、読み終わったら既読ボタンを押しましょう。

「常に手前に表示」のチェックを入/切する事で、常時最前面表示の有効/無効を切り替えられます。
「自動スクロール」のチェックを入/切する事で、最新チャットがあった場合の自動スクロール有効/無効を切り替えられます。

高度な使い方

起動の際に引数で設定ファイルを与える事で個別の設定を適用して起動できます。
すなわち、設定ファイルをドラッグアンドドロップでMCAFKS.exeに与えると良いです。

フォルダを変更して複数バージョンのMinecraftを使用している際に便利です。

動作環境

Minecraftのバージョンは基本的に不問です。
ログファイルから抽出しているので、ログファイルの形式が変化されたりでもしない限りは動きます。

ソフト本体は「.NET Framework 4.5.2」以上が動作する環境であれば動くと思います。
大抵の場合は、WindowsUpdateなどを通じてインストールされているため問題ありません。
もし、それっぽいエラーが出て起動しない場合は、Microsoftより「.NET Framework 4.5.2」をダウンロードしてインストールして下さい。
ダウンロードココカラ->「https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=42643

インストール/アンインストール

MCAFKS.exeを起動するだけで動きます。
不要になった場合はゴミ箱にポイしてマスタースパーク

You can’t perform that action at this time.