Skip to content
日本CT検診学会 2019年夏期セミナー 講演・演習資料
Jupyter Notebook Python
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
chest_xray_exe
.gitignore
20190713_CT.pdf
CT2019.zip
CT2019_screening.ipynb
LICENSE
README.md
convert.py initial commit Jul 12, 2019
gradcam.py
train.py

README.md

CT検診学会 2019年夏期セミナー講演資料


この資料について

この資料は、CT検診学会 2019年夏期セミナーの講演のために作成した資料です。 データは kaggleで公開されている肺炎の方と肺炎でない方のX線画像を利用しています(事例がCTでなくて、すみません。。。)

多くのAIに関連した入門演習資料は、AIプログラムの開発に重きを置いていますが、実際の開発では、プログラムの作成後に行われる「育てる」フェーズも重要です。育てるフェーズでは

  • モデル:学習時のハイパーパラメータをチューニングする
  • データ:「必要な注釈を付ける」「利用するデータを選別・加工する」

などが実施されます。この演習では、プログラム開発自身ではなく、これらのハイパーパラメータを触ることや、データの加工で遊んでみることを中心にして組んであります。

発表時利用の資料は以下のとおりです。

  • スライドに詳細の内容が書かれています。
  • 上記スライドの演習項目にある通り、Google Colaboratory の画面で、このGitHubを指定した後、指示に従って CT2019.zip をアップロードして演習を開始してください。
  • アノテーションツールにVoTTを利用しています。

免責事項

  • 全ての画像は kaggle Chest X-Ray Images (Pneumonia)で指定されているライセンス (CC BY 4.0)に従います。
  • 全ての記述は 2019年7月12日現在の情報を元にしており、各ツール、頻繁にアップデートされるので、その時の状況に応じて読み替えてください。
  • また、本資料やプログラムによって不具合等が起きても、何らかの保証をするものではありません。自己責任でお願いいたします。
You can’t perform that action at this time.