Direction (2016, 1st half)

Masayuki Nii edited this page Jan 31, 2016 · 3 revisions

(English is available following to Japanese.)

INTER-Mediatorの方向性(2016年上半期)

2015年下半期の活動報告

2015年の下半期は、比較的規模の大きなイベントの開催や、学習コンテンツの進展などがありましたが、INTER-Mediator自体の機能アップについてバグフィックスや小規模な機能追加が中心となりました。開発に関する重要案件について、多くは達成できていないこともあり、今後の開発体制を強化する必要があると言えるでしょう。以下は、2015年の下半期のトピックです。

  • バージョンのVer.5.2をリリースし、Ver.5.3のリリースに向けてアップデート中
  • データベース更新処理のための通信を非同期化し、操作性が向上した(開発中版)
  • GoogleのOAuth認証に対応した(開発中版)
  • jQueryを利用したサンプルを追加するとともに、タッチイベントに最適化した動作を組み込んだ(開発中版)
  • CSP(Content Security Policy)との互換性を改善(開発中版)
  • 東京で8月に、初心者向けハンズオンを国立情報学研究所で開催した。
  • 大阪で11月に開催されたK-OFに出展するとともに、ワークショップを開催し、実用途に即した開発手法をデモした。開発内容はドキュメントも残した。
  • 東京の平日夜の勉強会を10月に開催
  • 学習用コンテンツをChaper 7まで完成させた

スローガン

Challenge to Your Practical Application(自分の周りの実用アプリケーションに挑戦しよう)

  • 2015 1st Half: Ready to Deployment(すでに実稼働が可能)
  • 2015 2nd Half: Take One Step Further(さらに一歩踏み込む)

重点開発課題

開発については比較的小規模な改良が中心になりました。2015年下半期に記載した目標は残念ながら達成しておらず、引き続き2016年上半期の重点開発項目とします。

  • データベースから読み出す時のAJAX通信の非同期化(Ver.6への目標)
  • 有償オンラインコースの改定(予定では、あと2つのChapterの執筆が必要)
  • Validationに関して実装を見直して、クライアント及びサーバーの両方での適用
  • PHP 7のサポート
  • 書式を指定して表示する手法の改良、およびその編集結果の更新処理の適正化
  • サンプルデータベースのCSSを中心に改良を行い、完成度の高いサイトの見栄えを実現することで、実用性の高さをアピールする

重点的に取り組むコミュニティ活動

以下の方針をふまえて、INTER-Mediatorの利用価値の向上に力を注ぎます。

  • オープンソースに基づいた継続的な開発を行う
  • 勉強会やイベントなどを実施し、コミュニティ活動を通じて普及活動を行う(東京での勉強会の継続、夏頃に大きなイベントを開催)
  • Webサイトを中心とした、開発者向けコンテンツを充実させる

加えて、以下の項目を、コミュニティ活動で取り組む目標とします。

  • INTER-Mediatorサービスプロバイダーリストの作成・公募。
  • Webアプリの外観デザインのカスタマイズ方法を示す。現在提供しているサンプルの中の数点に対し、実際にカスタマイズ例を見せる。
  • 既存のFileMaker Databaseアプリケーションの移行方法を数点、具体的サンプルとして示す。
  • WebクライアントのUIをGUIで簡単に作成できるツールを追加する

2016年2月1日 INTER-Mediator Directive Committee

Direction of INTER-Mediator (The first half of 2016)

The Report for the Second Half of 2015

Although We have hold the event which is bigger than usual and authored the study book, the improvement of INTER-Mediator was minor level. We know that we couldn't advance any development matters that we've picked up, the current issue is to make more achievements with putting development force into this community. The topics in the second half is below.

  • We've released Ver.5.2, and Ver.5.3 is just around the corner.
  • Database update operations asynchronously work, and it contributes the improvement of usability (Ver.5.3-dev).
  • Google OAuth is available (Ver.5.3-dev).
  • The mobile app sample with jQuery is added, and touch event processing is implemented (Ver.5.3-dev).
  • Improve with the compatibility of CSP(Content Security Policy) (Ver.5.3-dev).
  • INTER-Mediator hands-on event for novices was held in NII at Tokyo, August 2015.
  • We participated the K-OF in Osaka at Nov. 2015, and held the workshop about a practical application. After that we made the documentation of the result.
  • The study meeting was held in Tokyo, October 2015.
  • The study book was finished until Chapter 7.

Slogan

Challenge to Your Practical Application

  • 2015 1st Half: Ready to Deployment
  • 2015 2nd Half: Take One Step Further

Focusing Points in Development

So our activities are rising, but the achievement in development is mainly minor updates. We couldn't finish the focusing points of the last half, and they should take over in this half.

  • Asynchronies the communication between client and server on reading. (for Ver.6)
  • Revise the paid online course. (2 chapters should be written.)
  • Improve the implementation about the validation as both client and server side.
  • Adapt to PHP 7
  • Improve the architecture of formatted value, and fix the but in updating the formatted value.
  • Cheer up the CSS definitions for samples, and the look and feel of samples go into the state-of-the-art appearances.

Focusing Points in Community

Moreover, we are intend to enhance the value of INTER-Mediator and continue to the following activities.

  • Continuously develop with the Open Source method.
  • Promote with the study meeting and community activities.
  • Improve the contents for developers mainly on the web site.

We want to add the following activities to involve in the community.

  • Listing up the service providers for INTER-Mediator.
  • Show the customization with the web application design from some samples.
  • Show the migration from existing FileMaker database as concrete samples.
  • Kick around a GUI-based tool to build the UI for web client intuitively.

Feb 1, 2016 INTER-Mediator Directive Committee