Direction of INTER Mediator Development

Masayuki Nii edited this page Jun 23, 2017 · 4 revisions

(English is available following to Japanese.)

INTER-Mediatorの方向性(2017-06-24更新)

INTER-Mediator Directive Committee

重点開発課題

Ver.5.7(2017年末頃を予測)

  • データのフォーマット指定をクライアントサイトで実施
  • FileMaker Data APIを通じたFileMaker Serverの利用
  • Seleniumを利用したサンプルアプリケーションレベルでの統合テスト

Ver.6(2018年前半を予測)

  • データベースから読み出す時のAJAX通信の非同期化
  • Validationに関して実装を見直して、クライアント及びサーバーの両方での適用
  • Node.jsベースのサーバーも稼働させ、Validation、クライアント間同期等に利用する
  • Legacy PHPのサポートをやめる(Ver.5.5以降のサポートとする)
  • ECMAScript 6の機能で実装を進める。ブラウザはPromiseの実装を必須とする
  • フィールド単位のUndo、エラー処理の洗練化、読み出し時のフィールド制約

重点的に取り組むコミュニティ活動

以下の方針をふまえて、INTER-Mediatorの利用価値の向上に力を注ぎます。

  • オープンソースに基づいた継続的な開発を行う
  • 勉強会やイベントなどを実施し、コミュニティ活動を通じて普及活動を行う(東京での勉強会の継続、夏頃に大きなイベントを開催)
  • Webサイトを中心とした、開発者向けコンテンツを充実させる

加えて、以下の項目を、コミュニティ活動で取り組む目標とします。

  • INTER-Mediatorサービスプロバイダーリストの作成・公募。
  • Webアプリの外観デザインのカスタマイズ方法を示す。現在提供しているサンプルの中の数点に対し、実際にカスタマイズ例を見せる。
  • 既存のFileMaker Databaseアプリケーションの移行方法を数点、具体的サンプルとして示す。
  • WebクライアントのUIをGUIで簡単に作成できるツールを追加する

==========

Direction of INTER-Mediator (Updated at 2016-06-24)

INTER-Mediator Directive Committee

Focusing Points in Development

Ver.5.7 (expected at the end of 2017 or around)

  • Data formatting on the client side with data-im-format attribute.
  • FileMaker Server can be accessed via FileMaker Data API
  • Integration test code for sample applications with Selenium.

After Ver.6 (expected in the middle of 2018 or around)

  • Asynchronies the communication between client and server on reading.
  • Improve the implementation about the validation as both client and server side.
  • Node.js server is introduced alone with PHP components.
  • Legacy PHPs are eliminated. Minimum is PHP 5.5.
  • JapaScript codes follows ECMAScript 6, and browsers should support Promise.
  • Undo within each UI components, customizable error handling, adding field information in query access.

Focusing Points in Community

Moreover, we are intend to enhance the value of INTER-Mediator and continue to the following activities.

  • Continuously develop with the Open Source method.
  • Promote with the study meeting and community activities.
  • Improve the contents for developers mainly on the web site.

We want to add the following activities to involve in the community.

  • Listing up the service providers for INTER-Mediator.
  • Show the customization with the web application design from some samples.
  • Show the migration from existing FileMaker database as concrete samples.
  • Kick around a GUI-based tool to build the UI for web client intuitively.