LINEに通知する場合の設定

Hirotada Kobayashi edited this page Oct 29, 2018 · 4 revisions

概要

本手順では、 脱エクセルを実現する情報共有ツール「プリザンター」 からLINEに通知をするための設定を行います。

通知機能の設定

LINE 通知用のチャネル(BOTアカウント)の作成

1.以下のリンクを参考に通知に使用するLINE Messaging APIのチャネル(BOTアカウント)を作成します。

https://developers.line.me/ja/docs/messaging-api/getting-started/

本通知機能ではプッシュメッセージを使用するため、プッシュメッセージ利用可能なプラン「Developer Traial」(無料))または「プロ(API)」(有償)を選択する必要があります。プランの詳細は以下のリンクを参照ください。

https://at.line.me/jp/plan

チャネル作成時には「Developer Traial」および「フリー」のみ選択可能です。「プロ(AIP)」プランを利用する場合は、一旦「フリー」プランで登録後アップグレードする必要があります。

2.LINE Developers コンソールで、作成したチャネルの基本設定画面を開きます。

https://developers.line.me/console/

3.以下の内容を確認・設定します

項目 設定値 備考
アプリ名 - チャネル作成時に設定したアプリ名
アプリ説明 - チャネル作成時に設定したアプリの説明
Channel ID - このチャネルに割り当てられるID
Channel Secret - チャネル毎に固有な秘密鍵
アプリタイプ - 規定値"BOT"
プラン - チャネル作成時に選択したプラン名
利用可能な機能 - 選択したプラン名に応じた値が表示されます。LINE通知機能ではプッシュメッセージを使用するため、「PUSH_MESSAGE」が表示されていることを確認します
メールアドレス - LINEからのお知らせメール等の送信先メールアドレス。チャンネル作成時に入力
アクセストークン(ロングターム) - LINE Messaging APIを使用するために必要なトークン(プリザンター側の設定で必要となります。「再発行」ボタンをクリックして作成しておきます)
Webhook送信 利用しない 通知機能の利用のみの場合、Webhook送信は必要ありません
Webhook URL -
Botのグループトーク参加 利用する LINEグループへ通知する場合は「利用する」に設定します
自動応答メッセージ 利用する 送信先ユーザーの指定に必要な「ユーザーID、グループID」を通知する際に使用します
友達追加時あいさつ 利用する 送信先ユーザーの指定に必要な「ユーザーID、グループID」を通知する際に使用します
QRコード - このチャネル(BOTアカウント)を友達登録する際に使用します

ユーザーID、グループIDを取得するための設定

LINE通知機能を利用するには、通知を受けるユーザーのユーザーID(作成したBOTアカウント内で有効なID)が必要になります。
ユーザーIDを取得するための設定を以下の手順で行います。

Botアカウントに、ユーザーID確認用のLIFFアプリを登録する

LIFFアプリについては以下のリンクをご参照ください。

1.以下のリンクにアクセスします。

2.チャネル基本設定で確認した「アクセストークン(ロングターム)」を「Channel Access Token」欄に入力し、右側の「Verify」ボタンをクリックします。(問題が無ければ、「Verify」ボタンの左側にチェックマークが表示されます。)

registerliffapps

3.「Hosted LIFF Pages」内、「My LINE Profile」のリンクの右側の「Set to "Add LIFF"」ボタンをクリックします。
(「Add LIFF」内の「URL」欄にURLが貼り付けられます。)

4.「Add LIFF」内の「Add」ボタンをクリックします。
(「LIFF List」内に、作成したLIFFアプリの概要が追加されます)

registerliffappscopy

5.「LIFF List」に追加されたLIFFアプリの「Copy LIFF URL」をクリックします。
(LIFFアプリのURLがクリップボードにコピーされます。)

BotアカウントからLIFFアプリのURLを通知するための設定を行う

1.LINE Developersコンソールのチャネルの基本設定画面に戻り、「自動応答メッセージ」欄の「設定はこちら」のリンクをクリックします。

autoreply

  1. 自動応答メッセージの設定画面で、次の通りに設定を行います。
  • メッセージ一覧で「メッセージタイトル」"basic"をクリックしてメッセージ編集画面を開きます。
  • クリップボードにコピーしたLIFFアプリのURLを「メッセージ欄」に張り付け、以下の画像を参考に自動応答メッセージを作成します。

automessage

  1. 自動応答メッセージの設定画面の左側のメニューで「友達追加時あいさつ」をクリックします。
  2. 友達追加時あいさつ設定画面の「テキスト」欄にも同様のメッセージを入力し、保存します。

greet

プリザンターでLINE通知の設定を行う

まず、LINE通知機能の設定前に以下の内容を準備しておきます。

  • Botアカウントを友達登録するためのQRコード
    LINE Developersコンソールのチャネル基本設定画面に表示されているQRコードを使用します。
    (QRコードの画像をPCに保存(ブラウザでQRコードを右クリック⇒保存)し、メールに添付する等の方法で通知を受け取るユーザーに配布しておきます。)
  • Botアカウントのアクセストークン
    LINE Developersコンソールのチャネル基本設定画面の「アクセストークン(ロングターム)」を控えておきます。
  • 通知先のユーザーのユーザーID、または通知先グループのグループID
     Botアカウントを友達登録したユーザーから「ユーザーID」もしくは「グループID」を取得しておきます。
    ※ これらを確認する手順は、後述する「通知を受け取るユーザーが行う手順」に記載しています。

サイト設定にLINE通知を設定する

個々のユーザーに対して通知を行う場合
  • メニュー[管理]-[テーブルの管理]を選択し、「通知」タブ内の「新規作成」ボタンをクリックします。
  • 「通知種別」で"LINE"を選択します。
  • 「アドレス」欄に確認したユーザーIDを入力します。ユーザーIDはカンマ区切りで複数設定可能です。
  • 「トークン」欄に、Botアカウントのアクセストークンを入力します。

userid

LINEグループに対して通知を行う場合
  • メニュー[管理]-[テーブルの管理]を選択し、「通知」タブ内の「新規作成」ボタンをクリックします。
  • 「通知種別」で"LINEグループ"を選択します。
  • 「アドレス」欄に確認したグループIDを入力します。グループIDは1つのみ設定可能です。カンマ区切りで複数設定することはできません。
  • 「トークン」欄に、Botアカウントのアクセストークンを入力します。

groupid


通知を受け取るユーザーが行う手順

以下では、通知を受け取るユーザーがLINEアプリ上で行う操作について説明します。

1.BOTアカウントを友達登録する

  • BOTアカウント友達登録用のQRコードをLINEアプリで読み取り、友達登録します。
  • 友達登録すると、次のような挨拶メッセージが送られてきます。

img_1613

2.ユーザーIDを確認する

挨拶メッセージ内のリンクをタップし、表示される画面でユーザーIDを確認します。
(初回表示時のみLINEの「認証」画面が表示されます。注意事項を確認し問題なければ「同意」をタップして先へ進んでください。)

img_1615

LINEグループで通知を受け取りたい場合

こちらの設定は、LINEグループを作成する代表者のみが実施します。

1.LINEアプリでグループを作成します。
2.作成したグループのメンバーに、プリザンター通知用のBOTアカウントを追加します。
3.作成したグループのトーク画面で任意のメッセージを入力して送信します。
4.BOTアカウントから返信される自動応答メッセージ内のリンクをクリックします。
5.表示される画面でグループIDを確認します。

img_1617

Clone this wiki locally
You can’t perform that action at this time.
You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.
Press h to open a hovercard with more details.