No description, website, or topics provided.
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
.DS_Store
.gitattributes
1_概念形成.md
2_安全性を意識した製作プロセス.md
3_リスクコミュニケーション.md
LICENSE
README.md
概念_プロセス20171125版.pdf

README.md

3Dプリント品の安全性の看護分野へのローカライズへの取り組み

概要

3Dプリンタをはじめとしたデジタルファブリケーション機器は、 個別に応じてカスタマイズができることやプロトタイプを作成することができるため、 個別性に応じたケアを提供する医療への応用が広がってきています。

一方で、3Dプリント品の安全性に関しての情報は十分とはいえず、 造形は可能であるが、安全対策に関する知識が不十分な状態で 現場へ応用される事例も少なくありません。

そこで、これまで医療現場への応用に際して検討してきた内容を公開し、 「ユーザー」への提供前に「医療者」と「製作者」間で 安全に関する議論を深めることができる機会を提供したいと考えました。

本リポジトリは、慶應義塾大学 田中浩也教授、宮川祥子准教授を中心として進められている __ デジタルファブリケーションの看護への応用「Fab Nurse Project」__ での 取り組みを基盤とし、検討内容を吉岡が纏めて公開しております。

FabNurseホームページ:http://fabnurse.org/

目的

本取り組みの目的は、3Dプリント品を医療現場へ応用する際の検討内容を纏め、 α版として公開することにより、医療現場への3Dプリント品の応用に関する情報の提供や 研究を促進することにあります。

広く一般の方や、デジタルファブリケーション有識者、医療関係者からのコメントを受け付け、 より精度の高い情報を提供していきたいと考えております。 お気付きの点などございましたら、パブリックコメントとして受け付けております。 本リポジトリの issue への記載をお願いします。

構成

本リポジトリは、下記のように構成されています。

1.概念形成

2.安全性を意識した製作プロセス

3.リスクコミュニケーション

概念_プロセス.pdf (1.概念形成、2.安全性を意識した製作プロセスについてま とめております。2017.11.25更新)

ライセンス

本リポジトリの内容(テキスト、PDF)は、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンス のもとに公開をします。 Attribution-NonCommercial 4.0 International (CC BY-NC 4.0) https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja

注意事項/免責

本リポジトリで提供されるデータや情報に関して、 あくまで安全性の検討のための情報公開を目的としており、 ユーザーや臨床現場の間で生じた、あらゆる損害について一切の責任を負いません。

提供方法の変更/内容の変更について

ユーザーに対してあらかじめ通知することなく、データの提供方法もしくは提供内容を変更し、 または提供もしくは利用許諾を中止する可能性があります。 変更等に関連して、ユーザーまたは第三者に生じるあらゆる紛争または損害について一切の責任を負いません。

更新/改定

2017.11.25