Skip to content
master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
app
 
 
bin
 
 
 
 
db
 
 
lib
 
 
log
 
 
 
 
 
 
tmp
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rocket Answer

Code Climate

編入試験・解答共有サービス

開発環境

  • Ruby 2.4
  • Ruby on Rails 5.1.2
  • MariaDB

開発の手順

リポジトリの取得

git clone git@github.com:kosen-venture/RocketAnswer.git
cd RocketAnswer

docker-compose build
docker-compose up

docker-compose run --rm app rails db:setup

Dockerを使わない場合

  • MySQL or MariaDBを用意する
  • mailcatcher gemをインストールして起動しておく
    • https://mailcatcher.me/
    • 開発用のメールSMTPサーバ(ブラウザで送信されたメールが全て見られる)
  • 以下の環境変数を設定する
    • .env.local というファイルをつくっておけば自動でロードされます
DATABASE_HOST=localhost
DATABASE_USER=RocketAnswer
DATABASE_PASSWORD=hogehoge
SMTP_HOST=localhost
SMTP_PORT=1025

ブランチの役割について

git-flow的なブランチの管理をします。 開発は、基本的にdevelop, issueブランチを使います。

  • master
    • 最新のリリース版
  • develop
    • 開発ブランチ
  • issue/(issue_id)
    • 機能ブランチ
    • 最新のdevelopからブランチを切る
  • release/(version)
    • 各バージョンのリリース

チケットの機能開発を始めるとき

最新のdevelopブランチから、issueブランチを作成してください。 issueブランチには対応する、チケットIDを含めます。

git pull origin
git checkout develop
git checkout -b issue/*

チケットの機能開発を終えるとき

コミット後にpushしてください。

# 対象のファイルをステージングして
git commit -m 'commit message(#issue_id)'
git push origin

push後に、Pull Requestを発行してマージの申請をください。

License

  • GPL v2

Copyright

(C) 2014-2017 Rocket Answer, Kosen Venture.

About

編入試験の過去問解答共有サービス

Resources

Packages

No packages published