SQL Server 向けの SSMS カスタムレポート
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
Reports
Template
README.md

README.md

SSMSCustomReport

別名「えろす師匠鰻奢ってくださいレポート」

SQL Server Management Studio のカスタムレポートを使用し、SQL Server の各種情報をダッシュボードとして表示します。

以下の情報を表示することができます。

  • インスタンス基本情報
    • 代表的な sp_configure の設定
    • トレースフラグ
    • 代表的な待ち事象
  • データベースファイル情報
    • データベースファイル使用状況
    • ファイル I/O
    • 自動拡張の発生状況
  • インデックス情報
    • インデックス使用状況
    • 欠落しているインデックス
  • キャッシュ情報
    • キャッシュ使用状況
    • データキャッシュの比率
    • プランキャッシュの比率
      • クエリ情報 (TOP 100)
        • 実行回数の高いクエリ
        • 平均 CPU 時間の高いクエリ
        • 平均実行時間の高いクエリ
        • 平均読み取り回数の高いクエリ
        • 平均書き込み回数の高いクエリ
        • 類似クエリ
  • バックアップ取得状況 (直近 100 件)

動作確認環境

  • SQL Server 2012 + SQL Server 2014 Management Studio
  • SQL Server 2014 SP1 + SQL Server 2016 CTP 2.2 Management Studio
  • SQL Server 2016 CTP 2.2 + SQL Server 2016 CTP 2.2 Management Studio

使用方法

1.「@Template.rdl」以外の RDL ファイルをダウンロードして同一のフォルダーに配置します。
(レポート内から各レポートにリンクをしているため、同一のフォルダー内にファイルを格納します)
2.SQL Server Management Studio を開き、右クリックメニューの「レポート」→「カスタムレポート」から「Instance.info.rdl」を開きます。
3.警告メッセージが表示された場合は「OK」をクリックして許可してください。
(カスタムレポートを表示する際には警告が表示されます。)

これで SSMS でカスタムレポートとして、本レポートが表示されます。

作成環境

Microsoft® SQL Server® 2014 SP1 レポート ビルダー