Skip to content
ゲームプログラミング演習・実習A 2019 @IA-SD-TMU
C#
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
CsharpLesson
Lesson80
Refactoring
breakout
.gitattributes
.gitignore
01ガイダンスと導入.pdf
02クラス.pdf
03続クラス.pdf
04ブロック崩し.pdf
08クラスメンバ.pdf
09クラス継承.pdf
10オブジェクト指向プログラミング.pdf
README.md
Refactoring.zip

README.md

ゲームプログラミング演習・実習A (2019)

  • 木2-3@2-501
  • 首都大学東京システムデザイン学部インダストリアルアートコース 2019年度春期
  • 担当教員: 向井智彦(email: mukai@tmu.ac.jp, 日野1号館2階247室)

アナウンス

  • [2019/05/30] 発表会はお疲れさまでした。各自、プレゼン資料のコミット&プッシュもお願いします。全員分の作品を収録したレポジトリは別途連絡した場所に公開しました。
  • [2019/04/25] 講義全体に関する質問はSlack/メールで受け付けます。GitHub経由の質問は見逃す可能性が高いです。
  • [2019/04/11] Unityの授業標準バージョンは、演習室環境に合わせて「2018.3.12f1」とします。

スケジュール

第15回:成果報告会

  • 制作課題
    • オリジナルの2Dゲーム制作(内容は自由)
    • オブジェクト指向プログラミング(クラス、カプセル化、継承、多態性)を有効に活用
  • 発表会: 7月25日(木)11時開始
    • 持ち時間は各自6分以内(Q&A除く)、使用PCは任意
    • 状況によっては制作経過発表 (?)
    • 発表形態は自由
      • ゲームプレイデモを行ってもOK
      • 録画&編集したプレイ動画を再生してもOK
      • PowerPoint/Keynoteスライドの併用を推奨(アピールポイントの明確化)
  • 提出物
    • 動作するゲーム&レポート(PDFファイル)
    • 締切: 8月9日(金)、GitHubにコミット&プルリク
    • レポートの内容について
      • 制作動機、ゲームの進行、キャラクタ、進行等の概要
      • プログラムの設計
        • どんなクラスがどのような機能をもって、どのように連携?
        • 目指した機能の実現方法
        • 工夫したところ
        • 見やすいコードへの気配り
      • 開発結果
        • できたこと
        • できなかったこと
      • 考察とまとめ
        • よくできた部分
        • 現時点での問題点や考えられる拡張
        • まとめ
      • 参考情報
        • 参考にした書籍やwebサイトは漏れなく列挙
        • 友人知人への謝辞
    • レポート作成TIPS
      • 題目・学修番号・氏名・作成日を記載
      • 表紙は不要
      • 段組など体裁は自由
      • プログラムコードは掲載不要(こだわりのコードは抜粋可)
      • 図表やスクリーンショットを活用
      • 読みやすい日本語で
      • ポジティブな情報を中心に(ただし盛らない)して成果をアピール

第14回:2Dゲーム制作

第13回:2Dゲーム制作

第12回:2Dゲーム制作

第11回(休講)

第10回:オブジェクト指向プログラミング

  1. スライド

第9回:クラス継承とジェネリック

  1. スライド

第8回:クラスメンバ、値型・参照型

  1. スライド

第7回:2Dシューティングゲーム発表会

  • 発表会は11時開始
  • 発表開始前までに完成品をGitHubにコミット&プルリクしておく
  • 持ち時間は各自6分以内(Q&A除く)、使用PCは任意
  • 発表形態は自由
    • ゲームプレイデモを行ってもOK
    • 録画&編集したプレイ動画を再生してもOK
    • PowerPoint/Keynoteスライドの併用を推奨(アピールポイントの明確化)
  • 発表のポイント
    • プレイしたいと思わせるプレゼンテーションを意識
    • アピールポイント=評価して欲しい点を明確にすること(こだわりポイント、技術的難易度)
    • アピールしたくないポイントには極力触れない
  • 条件:質問・コメントを一人一回は行うこと

第6回:2次元ゲーム制作

第5回:2次元ゲーム制作

第4回:Unityの基本

  1. スライド

第3回:クラスの継承

  1. スライド

第2回:クラス

  1. スライド
  2. 課題レポジトリのクローン

第1回目:ガイダンス

  1. スライド
  2. Unityのインストール(macos)
  3. GitHub Desktopのインストール(macos)

参考書籍・Webサイト

  • Unity C# ふりがなプログラミング: とても平易に書かれたUnityC#の解説書です。基礎的事項から丁寧に解説されています。
  • Unityの教科書: わかりやすいチュートリアル形式でUnityの基本を学べます。
  • UnityではじめるC# 基礎編: こちらもチュートリアル形式でUnityの基本を紹介していますが、C#についての解説にも比重が置かれています。
  • C#のガイド: Microsoft公式のC#言語リソース集。C#の文法や使い方については最初にこちらを参照し、わからない用語をweb検索するようにすると確実でしょう。
  • Unity User Manual: Unityの公式マニュアル。Unityの機能やスクリプトの書き方についてはこちらを参照し、わからない用語をweb検索するようにすると確実でしょう。
  • Unity - Learn: Unity公式の学習リソース。動画形式のチュートリアルも充実しています。
You can’t perform that action at this time.