No description, website, or topics provided.
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
moisture-sensor
monaca-app
readme-img
.gitignore
README.md
package.json

README.md

【myThings×mBaaS】myThings経由で簡単にSNS連携しよう!

★ 概要

Yahoo!の提供するサービス「myThings」を使うことで、mBaaSを簡単にSNS連携させることが出来るようになりました!そこで今回は、植物の水分状況を水分センサで取得し、その状況をSNSに投稿するコンテンツを作成しました。今まで分からなかった植物の状態を知ることが出来る、流行りのIoT入門です!センサを変えて応用し、様々なIoTに取り組むきっかけとなれば幸いです。

  • システム概要図

system_overview

★ 手順

1. 水分センサで植物の水分状況を取得し、mBaaSデータストアにデータを保存する

2. myThings経由で、植物の状況をSNSに投稿する

  • 本ページで解説します

3. mBaaSデータストア内のデータをグラフ化して可視化する

description_parts

★ 手順2. myThings経由で、植物の状況をSNSに投稿する

  • myThingsアプリをご使用のスマートフォン端末にインストールします

  • インストールしたアプリを開くと、ヤフーアカウントでのログインが求められるので、ログインします。

    • ヤフーアカウントをお持ちでない方は、こちらからアカウントを作成します

yahoo_login

  • ホーム画面右上の「+」ボタンを押すことで、好きな組み合わせを作成することが出来ます

create_new

■「○○したら」部分の設定

  • 選択出来るチャンネル一覧が出てくるので、「mobile backend」を選択します

select_mbaas

  • 「mobile backend」を利用するために、アプリケーションキーとクライアントキーの登録を求められます。SNS連携させたいmBaaSアプリのAPIキーをこちらに入力します

api_key

  • 「mobile backend」が認証されたら、詳細設定をしていきます。今回は「データストアにオブジェクトが追加されたら」を選択します

mbaas_detail_setting

  • クラス名を入力します。今回は「WaterShotageValue」と入力します
    • 大文字、小文字に注意してください!

mbaas_class_setting

これで「○○したら」部分の設定は完了です!

■「○○する」部分の設定

  • 選択出来るチャンネル一覧が出てくるので、お好きなSNSサービスを選択します。今回はTwitterと連携してみます!

select_twitter

  • 「Twitter」から連携アプリの認証を求められるので、お使いのTwitterアカウントのユーザー名、またはメールアドレス、パスワードを入力します
    • 認証完了画面が出てきたら、画面左上の「×」マークでmyThings設定画面に戻ります

twitter_login

  • 詳細設定をしていきます。今回は「ツイートする」を選択し、つぶやきたいツイート内容を記入し、「OK」ボタンを押します

twitter_detail_setting

これで「○○する」部分の設定も完了です!

■ 実行タイミングの設定

ここまでの設定が終わったら、myThingsアプリが実行されるタイミングを設定していきますが、今回はデフォルトのままで大丈夫です

  • 「作成」ボタンを押すと、いよいよ組み合わせが作成されます!

mythings_setting

★ 動作確認

今回は、mBaaSデータストアの中の「WaterShotageValue」クラスにオブジェクトが追加された際、Twitterでツイートされる設定をしました。この「WaterShotageValue」クラスには、【IoT入門】水分センサで植物の水分状況を取得してmBaaSに保存しよう!にて、水分センサで植物の水分状況を取得した際、水分が少なかったとき(センサ値が300以下の場合)のデータのみ追加されるクラスとなっています。そのため、このクラスにデータ(=オブジェクト)が追加されるということは、植物は水分が足りていない状態であるため、Twitterで「お水ちょうだい!」とつぶやくよう設定しました。

  • 植物の水分が少なくなった際、Twitterでつぶやくことを確認出来ます
  • 植物の水分が少なくなる前に動作確認をしたい場合は、一度水分センサ部分を乾いた状態にして放置しておきましょう。約15分後、Twitter上でツイートを確認出来ます

tweet