Skip to content
master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

fbsdpt3

FreeBSD用のPT3デバイスドライバ

http://code.google.com/p/ptx-kmod/

https://github.com/m-tsudo/pt3

この辺を参考にしながら。

地デジチューナーが動作しました。BSは不明。

予期せず固まりますので要注意状態。(ドライバのアンロードなど)

以下オリジナル版のREADME

================================================== earthsoft PT3 driver

ライセンス GPLv3です。ライセンス内容はCOPYINGをご確認ください。

パラメータ lnb LNBのデフォルト値を指定します 0: OFF (default) 1: 11V 2: 15V debug メッセージの表示を制御します 0: 出来るだけ表示しない (default) 1: pt1と同じ程度表示します 7: デバッグ用メッセージも表示します ※/sys/module/pt3_drv/parameters/debugからも変更できます 例: echo 7 > /sys/module/pt3_drv/parameters/debug

ptx - FreeBSD driver for PT1/PT2

					http://d.hatena.ne.jp/bsdaemon/

FreeBSDの、EARTHSOFT PT1/PT2デバイスドライバです。

Linuxのchardev版ドライバがベースです。 http://hg.honeyplanet.jp/pt1/

**** お約束 **** このドライバにより生じるかもしれない、いかなる損害についても 無保障です。 panicしたり固まったりしても、慌てず騒がずリブートできる人向け。

開発環境は下の通り。

FreeBSD/amd64 8.0-RELEASE athlon64X2 6000+ PT2 rev.A x 2

FreeBSD/amd64 9.0-STABLE atomD525 PT2 rev.A

INSTALL

cd dev/ptx

make

make install

SETUP

kldload ptx.ko

正常に読み込まれると、/dev/ptxN.{s0,s1,t0,t1} が作成されます。

ptxN.s[01] - ISDB-Sデバイス ptxN.t[01] - ISDB-Tデバイス

また、sysctl MIB dev.ptx.N が作成されます。

dev.ptx.N.lnb [RW] val = { OFF:0 +11V:1 +15V:2 }

dev.ptx.N.s0.freq BSデジタルチューナ0のチューニング[W] val = freqno + (slot << 16) 具体的には tools/recptx.pl を参照

dev.ptx.N.s0.signal BSデジタルチューナ0の信号強度[R] val = (詳細不明)

dev.ptx.N.t0.freq 地上デジタルチューナ0のチューニング[W] dev.ptx.N.t0.signal 地上デジタルチューナ0の信号強度[R] dev.ptx.N.s1.freq BSデジタルチューナ1のチューニング[W] dev.ptx.N.s1.signal BSデジタルチューナ1の信号強度[R] dev.ptx.N.t1.freq 地上デジタルチューナ1のチューニング[W] dev.ptx.N.t1.signal 地上デジタルチューナ1の信号強度[R]

USAGE

ex. 地上波デジタルNTVにチューニングして、TSを保存

sysctl dev.ptx.0.t0.freq=75 cat /dev/ptx0.t0 > ntv.ts

KNOWN BUGS

・PT1/2を複数枚挿して録画すると、micropacket errorが発生し、そのうちpage faultで panicする(というレポートをもらっているが、開発環境で再現できていない)

HISTORY

2010-04-30 公開

2010-10-04 up0283パッチ(boot時に読み込ませると初期化に失敗する問題への対処)を適用。

録画開始、チャンネル変更、信号強度取得など、デバイスへのコマンドを同時、
もしくは短い間隔で発行するとpanicする問題を修正。

2011-02-06 tools/recptx.plを2つ同時に起動すると、片方がdevice busyになる問題に やや対処。完全に同時だとだめかも。

2011-03-26 PT1/2を複数枚挿して録画するとpage faultでpanicする問題に対処したつもり。 (開発環境では問題再現できなかったので、あくまでつもり)

up0308パッチ(変数の型を整理)を適用。

2011-11-12 multimedia/ptx-kmodのパッチ(FreeBSD-8より前でbuild可、他)を適用。

2senのパッチを適用。
  up0310パッチ(kldunload不具合対応、他) by よっちいさま
  up0345パッチ(tools/recptx.plの新BS対応) by yamajunさま

2012-05-19 BS-17のtuner dataの間違い修正 by aさま

GoogleCodeにレポジトリ作成

About

No description, website, or topics provided.

Resources

License

Releases

No releases published

Packages

No packages published