Permalink
Switch branches/tags
Nothing to show
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
105 lines (75 sloc) 5.96 KB

Speech and Person Recognition

ロボットは未知の人物を特定し、その人物や環境に関する質問に答えます。

Focus

このタスクでは、人の検出、音の定位、音声認識、および未知の人とロボットの対話に焦点を当てます。

Setup

  1. 場所:アリーナの1つの部屋がこのテストに使用されます(このテストはアリーナの外で開催されることもあります)。

  2. 群集:指定された部屋に5〜10人の群衆がいます。人々は立つ、座る、横になる、どんな姿勢にあってもよい。

  3. ドア:エントリードアを除いて、部屋のすべてのドアは開いています。

Task

  1. 開始:ロボットは指定された開始位置から開始し、リドル・ゲームを開始したいと発話する。

  2. Waiting and turn:リドル・ゲームをしたいと発話した後、群衆が準備している間にロボットは10秒間待つ。時間が経過すると、ロボットは向き直って(約180°)、群衆を見つけなければなりません。

  3. オペレータをリクエストする:回り込んだ後、ロボットは群衆のサイズ(男性と女性のカウントを含む)を表明し、オペレータに要求しなければならない(例えば、私とリドル・ゲームをする人は?)。群衆が移動してロボットを囲み、オペレータがロボットの前に立つ。

  4. リドル・ゲーム:ロボットの前に立って、オペレータは5つの質問をします。ロボットは確認を求めずに質問に答える必要があります。質問は一度だけ尋ねられます。

  5. ブラインド・マン・ブラフ・ゲーム:サークル・クラウド。群衆は、ロボットの周りに円を描きながら、位置を変えます。ロボットを囲む群衆の中からランダムに1人が質問をする。ロボットは、

    • 質問した人の方向を向いて、質問に答える
    • 方向を変えずに直接質問に答える
    • その人に向かって向きを変え、質問を繰り返すように依頼する

    このプロセスは5人の(おそらく)異なる人で繰り返されます。リドル・ゲームと同じ質問の分布に従って、第5の質問が行われたときにゲームが終了します。ロボットは確認を求めずに質問に答える必要があります。質問は一度繰り返すことができます。

  6. 退室:すべての質問が尋ねられた後、または指示された後、ロボットはアリーナ/テストエリアを離れる必要があります。

Additional Rules and Remarks

  1. バイパスASR:CONTINUE規則(セクション3.9.1項)による自動音声認識のバイパスは、このテストでは許可されません。

  2. 質問:ランダムに質問される質問の分布は次のとおりです。

    • 1つは事前定義された質問です
    • 1つか2つは、アリーナとその状態について
    • 1つか2つは、群衆の人について
    • 1つか2つは、オフィシャルオブジェクトのリストについて

    質問の例は、付録Aを参照してください。

  3. ロボットとの距離:各人とロボットとの距離は、ロボットの位置から0.75~1.0メートルの間でなければなりません。リドル・ゲームでは、オペレータはロボットの中心(前方範囲)から-60度と60度の間になければならない。

  4. 正確な回転:ロボットがオペレータに向かって回転を終了するとき、ロボットが質問をした人に向いていることが明らかでなければなりません。

  5. 質問の繰り返し:盲人のブラフゲームでは、ロボットが反復を要求する場合は、ロボットが回転を終了した後、それをはっきりと発話する必要があります。

  6. 質問タイムアウト:ロボットが10秒以内に応答しない場合、質問は逃したものとみなされ、審判は次の質問に進む。

  7. 立っている静止オペレータ:オペレータはロボットに向かって移動したり、ロボットに向かったり、ロボットに向かって叫ぶことはできません。

  8. 明確な答え:審判がロボットの答えを聞くことができない、または理解できない場合、その質問は正しくないとみなされます。

Data Recording

Japan Open 2018 では、実施しません。

Referee Instructions

審判は、

  • ロボットへの叫びを避ける
  • ロボットに近づかないようにする(または移動する)
  • 標準的な英語と声量で話す
  • 同じロボットに質問を繰り返さないようにする
  • ボランティアの間で質問を配布する

OC Instructions

テストの1日前

  • 事前定義された一連の質問を提供する

テストの2時間前

  • ロボットの配置場所を発表する
  • テストの第2部のボランティアを選び、その手順を明確に説明します
  • テストが競技場の外で開催される場合、ロボットが離れる(ウェイ)ポイントをアナウンスする

Score Sheet

タスクの制限時間は5分である.

Action                Score   
Crowd:
 群衆のサイズを当てた 5
 群衆の男性と女性の数を当てた 10
Riddle game:
 質問を理解した 5x5
 質問に正しく回答した 5x5
 5つの全ての質問に回答した 5
Blind man's bulff game:
 一回目で質問を理解した 5x10
 二回目で質問を理解した 5x5
 質問に正しく回答した 5x5
 質問者に向き直った 5x10
 5つの全ての質問に回答した 5
Special penaltie & bonuses:
 Not attending -50
 Outstanding performance 15
合計(penaltiesとbonusを除いて) 200