No description, website, or topics provided.
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
examples
LICENSE
README.md
Ws2822s.cpp
Ws2822s.h
keywords.txt

README.md

WS2822S

シリアルフルカラーLED WS2822Sを制御するためのArduino用ライブラリです。 このライブラリはATmega328Pを搭載したArduino用です。

examples ----------WS2822Sを使用したサンプルスケッチ

  • LED_bar_10 ------- WS2822Sを10個光らせるサンプルスケッチ
  • addresss_write ------- WS2822Sにアドレスを書き込むサンプルスケッチ

Ws2822s.cpp

Ws2822s.h

keywords.txt

*動作確認 Arduino Uno

使い方

初期設定

  • 最初に使用するピンの番号を指定します。
  • サンプルスケッチでは色信号を出すピンを13番、アドレスを書き込むピンを12番としました。
  • 制御するWS2822Sの数を指定します。サンプルスケッチでは10個です。
  •    例: Ws2822s LED(13, 12, 10);
  • すでにアドレス設定済みのWS2822Sを制御する場合。アドレス書き込みピンは使用する必要はありません。
  •    例: Ws2822s LED(13,10);

アドレス書き込み

  • WS2822Sのアドレスは3ずつ増やす必要があるため、先頭のLEDがアドレス1番なら次は4番、続けて7、10、13、16となります。
  • このライブラリではアドレスの割り当てを単純化して先頭から0、1、2、3、4と割り当てられるようにしてあります。
  •    例: LED.setAddress(0,9); ---- これで先頭から0~9番のアドレスを順番に書き込みます。

色データ送信

  • 最初の初期化時にWS2822Sの数で指定しただけの配列が作成されます。
  • その配列に光らせる色を指定します。
  •    例: LED.setColor(address,R,G,B);
  • 次に色の情報を送信します。
  •    例: LED.send(); ---- 用意した色のデータを全て送信します。
  • 注意点: WS2822Sは1秒以内に新しい色のデータを書き続ける必要があります。定期的にsend()を実行して色のデータを送信してください。