DKAlpha edited this page Oct 29, 2015 · 9 revisions

==============================================================================

Flash To SS

Flash Exporter Plugin for OPTPiX SpriteStudio

Copyright(C) Web Technology Corp.

==============================================================================

更新履歴

1.0.0 (2013/9/26)
初回リリース

ダウンロード手順

このページ右側の [Download ZIP] ボタンを押して .zip ファイルを保存してください。

動作環境

動作確認を行った環境:

  • Windows 7 64bit / MacOSX 10.7.5 Lion
  • Flash CS6

使い方

jsfl を実行するために Flash がインストールされている必要があります。

jsflと同一階層に、コンバートしたいflaファイルをコピーし、Main.jsflを実行してください。

表示されるダイアログボックスに、コピーしたflaファイル名を入力してOKを押すと、
OPTPiX SpriteStudio(以降SS) ファイル一式にコンバートします。

ご注意

SS と Flash にはデータ構造、ツールの仕様において異なる点が多くあります。

そのためコンバートができないFlash の機能・仕様や、コンバートを可能にするための
修正方法について後にまとめました。
コンバーターを利用して頂く前に是非ご一読ください。

※以降の「Flash」とは特に明記しない限り「FlashLite1.1」を指します。

コンバーターの仕様と制限事項

コンバーター仕様

  • 原則としてFlashLite1.1に準拠
  • シンボルの最下層は、1フレーム1レイヤー、重なり無しのBitmap画像(pngやjpeg)とする。
  • 最下層のBitmapを拡大縮小や回転しないこと。
  • シンボルは1フレーム目から存在していること。
  • 親と子のフレーム数は等しいこと。
  • イージング加速減速の再現は近似値

コンバーター非対応事項

  • シェイプ処理及び、それに伴うシェイプトゥイーン(モーフィング)
  • マスク
  • グラフィックシンボルの独自指定機能(子の指定フレームのみ表示、指定フレームから再生、など)
  • イージングの手動グラフ指定
  • ActionScript処理
  • ボタン処理
  • 1レイヤーに複数のインスタンス(原則1レイヤーに1インスタンス)
  • シーン
  • ガイドレイヤー
  • ガイド指定モーション
  • 傾斜(反転含む)していないこと
  • テキスト(データ的にShapeのため。あらかじめBitmap化しておく)
    →[修正] > [ビットマップに変換]が便利

その他の備考

  • ライブラリ内ビットマップのシンボル名に拡張子があること(.pngなどが削除されていないこと)
  • ライブラリ内にディレクトリがあった場合、中のシンボルすべてをライブラリ内のroot直下に配置する。
  • ラベル指定アニメーションは、ラベル指定ごとに別flaに分離してからコンバートする。
  • 同一レイヤー上にて、タイムラインの途中でシンボルを変えない。
  • タイムラインの途中(末尾)で空のキーフレームを入れる場合は、空にせず、スケールを0にする。
  • モーションがうまくいかない場合、別画像化、別レイヤー化を検討する。
  • 自由変形ツールから回転軸は動かさず、入れ子内を移動して回転軸を調整する。
  • テクスチャが斜線になり、うまくロードできていないように見える際は、プロジェクトファイルを再度開いてみる。
  • SSのXMLファイルはUTF-8だが、Flash batのテキスト書き出しはUTF-8に未対応(ただしコンバーターで根本的な異常は発生しなかった)

SS と Flash の相違点

シーンについて

  • Flashにもシーンという概念はあるが、かなり前からレガシーで非推奨になっている。
    概念的にはrootのタイムラインが伸びているだけにほぼ等しく、SSとは別概念。

座標について

  • SSではステージ中心が原点(0,0)だが、Flashはステージ左上が原点(0,0)
    これはSSのrootの座標をwidthとheightステージサイズ半分ずつ左上に移動することで解消される。

  • SSとFlashではy座標のプラスが逆(Flashは上に行くとy座標がマイナスになる。)
    これはy座標に対し-1をかけることにより解消される。

scaleについて

  • Flashにはスケール以外にwidthとheightパラメータ(実際のpx数)が存在するが、SSに該当項目は存在しない。
  • SSにはスケール以外にXサイズ、Yサイズという概念が存在するが、Flashに該当項目は存在しない。

回転について

  • SSは(サンプルのZ軸回転の場合)時計回りはマイナスの値だが、Flashはプラスの値
  • 3D回転は、Flash側でスケールを駆使しても補完が不自然になり、擬似再現は困難(Incompatibles/Rotation_xyz.swfなど参照)

画像について

  • SSにはセルマップがあるが、Flashは原則として全画像別ファイルであるため、画像と対になるシーンファイルが作成される。

タイムラインについて

  • SSは0フレームから始まるが、Flashは1フレームから始まる。

  • SSでは親子でタイムライン数が同じだが、Flashでは異なることが多い。
    そのため、Flash制作時にその制約事項(rootとroot以外のタイムライン数を同じにする)を守って頂く必要がある。

  • FlashではMovieClip化すると、タイムライン編集中には子の状態がわからない。
    その点においてSSは、FlashのMovieClipよりグラフィックシンボルに近いと考えられる。

レイヤーについて

  • SSのレイヤーは上のものほど下に描画されているように見えるが、Flashは逆。
  • SSでは子供がレイヤー上にぶら下がって見えるが、Flashでは子供の中に入らないと見えない。
    よってSSのレイヤーとFlashのレイヤーは見た目が変わるので注意。

反転処理について

  • SSの上下反転は、Flashの上下反転+左右反転

  • SSの上下反転+左右反転は、Flashの上下反転

  • イメージ反転処理は、対象MC内部をセンタリングすることにより可能。

  • 上記のように、SSとFlashの反転処理は異なる部分が多いので、反転を交えたアニメーションは原則不可能。
    →Incompatibles/Flip_scale_flip.swfのアニメーションサンプルの動き参照

  • Flashの反転処理は回転とゆがみをトリッキーに組み合わせているにすぎないため、反転やゆがみ(skew)処理が含まれるFlashは、SSへのコンバートに難があるため、制作時に反転とskewの使用を避ける。

名前(インスタンス名)について

  • SSではターゲットにかならず名前がついているが、Flashではついていないことが多い。
    そのため、Flash制作時にその制約事項(MovieClipに名前付与。MovieClipではなく名前付与不能の場合は、一度MovieClipにしてから名前付与)を守って頂く。

  • SSではターゲット名に半角ハイフン-や半角プラス+をつけることができるが、Flashではできない。

%系の値について

  • Flashではalpha値とscaleは0~100%だが、SSでは0~1で異なる。(備考:AS3では同じになる)

アンカーについて

  • FlashではAnchor.ssaeでのアンカー処理に該当する処理が存在しない。
    親パーツを縮小すると、子供も必ず縮小されてしまう。
    但しセンタリングなどの整列処理は存在する。

AlphaBlendについて

  • FlashにはAlphaBlendが存在しない。(備考:Flash 8以降にはblendModeとして存在)

アニメーションについて

  • サンプルのbaseはFlashで言うイージングなし。
  • サンプルのaccelはFlashで言う強めのイーズイン。(イージング100程度)
  • サンプルのdecelはFlashで言う強めのイーズアウト。(イージング100程度)
  • サンプルのbezierはFlashで言う相当強めのイーズイン。(カスタムイーズインで手動編集)
  • サンプルのelimiteはFlashに存在しない
    (備考:最近のFlashなら、AS制御のeaseInBackである程度可能と考えられる)
  • カーブエディタは、SSは値だが、Flashはパーセント指定かつ、正のみかつ、最大100%
  • Flashにはrotation値と異なる、回転回数指定(時計回りor半時計回りも)が存在する。

非表示について

  • Flashの非表示は、スクリプト処理以外では存在しない(ごく最近のFlash環境では指定可能)。
    透明度ゼロは存在する。

優先度について

  • Flashに優先度は存在しない。レイヤーと重なり順のみ。
    そのため、親子関係を無視した優先度による描画順変更(サンプルPriority.ssae)はできない。

Nullについて

  • FlashではNullを明示的に作る項目は無い。ただし空のMovieClipで代用できる。
    サンプルと同じく、非表示(透明度)はかならず子供に伝播するのでそこは同じ。

UVアニメーションについて

  • FlashにはUVアニメーション設定項目が存在しないため、UVアニメーションはできない。
    (最近の3Dライブラリを用いたFlashなどは別)

Vertexアニメーションについて

  • FlashにはVertexアニメーション設定項目が存在しないため、Vertexアニメーションはできない。
    (最近の3Dライブラリを用いたFlashなどは別)

今後のFlash の互換性維持の方向性について

  • 最新版のFlash CCではFlashLiteに正式対応していない(作成時と書き出し時の項目から排除されている。)
    特に保存時にスクリプトが削除されていると思われる。

お問い合わせ

まずこちらのリンクからIssuesページを開き過去に投稿されたFAQをご確認ください。

Issuesページの質問だけ表示する場合はこちら
Issuesページの不具合だけ表示する場合はこちら
Issuesページの要望だけ表示する場合はこちら
同じ内容の質問があった場合、何か追加情報がある場合はコメントに書いて下さい。

質問、不具合、要望を投稿する方法

  • 投稿前に必ずお読みください

    • (重要)投稿した内容について
      投稿した内容は全て一般に公開されますので個人情報や機密情報を記載しないようにご注意ください。
    • 質問をIssueへの書き込むにはGitHubのアカウントが必要です。
      アカウントをお持ちでない場合、こちらのGitHubチュートリアルを参考にアカウントを作成してください。
    • 別のプレイヤー、別のツールの質問はそれぞれのページへ投稿してください。
  • 投稿する
    Title欄に先頭にバージョン番号をvX.X.Xとつけて概要を記入し、Leave a comment に詳細を記入します。
    [Submit new issue] ボタンを押して完了です。後ほど担当者が確認しコメントいたします。

  • 再現データの添付が必要な場合

    • ウェブテクノロジの専用メールアドレス github-spritestudio@webtech.co.jp に添付して送付してください。
  • クリックするとメーラーが起動します。

  • ※送信する前に宛先が上記アドレスと相違ないかご確認ください。

  • ※重要なデータを含んでいる場合は、.zip を暗号化し、パスワードは別途お知らせください。

==============================================================================

株式会社ウェブテクノロジ
http://www.webtech.co.jp/
Copyright(C) Web Technology Corp.

==============================================================================

  • SpriteStudio, Web Technologyは、株式会社ウェブテクノロジの登録商標です。
  • その他の商品名は各社の登録商標または商標です。
Clone this wiki locally
You can’t perform that action at this time.
You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.
Press h to open a hovercard with more details.