Toshihiko Sera edited this page Oct 17, 2018 · 69 revisions

=========================================================

SS6Player For Unity v1.0.43

Copyright(C) Web Technology Corp. All rights reserved.

=========================================================

はじめに

本ソフトウェアは OPTPiX SpriteStudio 6 で作成したアニメーションを Unity 上で再生するためのプレイヤープログラムのパッケージです。
OPTPiX SpriteStudio 6専用です。OPTPiX SpriteStudio 5を使用する場合はSS5Player For Unityを使用してください。

(重要)Ver.1.0.23以前をご使用の方への注意点

SS6Player for UnityのVer.1.0.23以前をご使用の方におかれましては、できる限り早いタイミングでVer.1.0.26以降(現在最新はVer.1.0.36)に移行していただけますようお願いいたします。

その理由としまして、そう遠くない将来に(OPTPiX SpriteStudio 6の更新に対応して)SS6Player for UnityはVer.1.1.0に更新される予定です。

その際に、Ver.1.0.23以前で使用されている旧シェーダ群(Ver.1.0.26以降の統合化シェーダ以前のシェーダ)が削除されます。
そのため、旧シェーダ群を使用したデータは表示できなくなります
※詳細はこちら(Issue-36)を参照ください。

特に開発中や運用中のプロジェクト等については、ご注意くださいますようお願い申し上げます。

プレイヤーの対応バージョンについて

対応バージョン一覧

初めての方

データのインポート手順

こちらを参照してください。

アニメーションの再生

こちらを参照してください。

スクリプトの解説はこちらを参照してください。

サンプルプログラム

sampledevelopブランチにアニメーション制御のサンプルが含まれていますので参考にしてください。

各ブランチの違い

SS6PUは現在3つのブランチを持っています。

  • masterブランチ
    現在の安定版のバージョンで、原則UnityのAssetStoreで提供されているバージョンと同じものになります(本Wikiの先頭に書かれているバージョンも、原則このバージョンです)。
  • developブランチ
    現在の最新バージョンで、SS6PU本体のみのものです。
    原則masterブランチよりも新しく、機能追加やバグ修正が先行して行われているバージョンになります。
    ただし、状況によってmasterブランチのものよりも安定性に欠ける場合があります。
  • sampledevelopブランチ
    サンプルコードを集めたブランチです(SS6PU本体はdevelopブランチと同じバージョンが反映されていますので、違いはサンプルの有無となります)。

状況に応じて、必要とするブランチを使い分けていただくことが可能です。

ご注意・プレイヤーの制限

こちらを参照してください。

使用可能なアトリビュートについて

SpriteStudio6上で、SS6Player for Unityで使用可能なアトリビュートだけ表示するには、

  • 本リポジトリの「/plugins/」フォルダ内の「player_settings」フォルダを(フォルダごと)
  • 「マイドキュメント/SpriteStudio/plugins/」にコピー

してください。
※「マイドキュメント/SpriteStudio」の下にサブディレクトリが存在していない場合、サブディレクトリを作成してください。

プロジェクト設定の互換性設定に以下の項目が増え、アトリビュートを制限する事が出来ます。
※SpriteStudio6起動中だった場合、ファイルのコピー後に設定ウィンドウにある「更新」ボタンを押してください。

  • 「SS6PlayerForUnity」
    「SS6PU」モードでインポートする際の使用可能アトリビュート設定です。
  • 「SS6PlayerForUnity(Unity-Native)」
    「Convert To Unity-Native」モードでインポートする際の使用可能アトリビュート設定です。

使用できるアトリビュートの詳細は互換性一覧を確認してください。
OPTPiX SpriteStudio 互換性の比較表 SS6P for Unity、 Unity-Native
使用できないアトリビュートについてはインポート時に警告を出して無視されます。

お問い合わせ

まずこちらのリンクからIssuesページを開き過去に投稿されたFAQをご確認ください。

Issuesページの質問だけ表示する場合はこちら
Issuesページの不具合だけ表示する場合はこちら
Issuesページの要望だけ表示する場合はこちら
同じ内容の質問があった場合、何か追加情報がある場合はコメントに書いて下さい。

質問、不具合、要望を投稿する方法

  • 投稿前に必ずお読みください

    • (重要)投稿した内容について
      投稿した内容は全て一般に公開されますので個人情報や機密情報を記載しないようにご注意ください。
    • 質問をIssueへの書き込むにはGitHubのアカウントが必要です。
      アカウントをお持ちでない場合、こちらのGitHubチュートリアルを参考にアカウントを作成してください。
    • 別のプレイヤー、別のツールの質問はそれぞれのページへ投稿してください。
  • 投稿する
    Title欄に先頭にバージョン番号をvX.X.Xとつけて概要を記入し、Leave a comment に詳細を記入します。
    [Submit new issue] ボタンを押して完了です。後ほど担当者が確認しコメントいたします。

  • 再現データの添付が必要な場合

    • ウェブテクノロジの専用メールアドレス github-spritestudio@webtech.co.jp に添付して送付してください。
  • クリックするとメーラーが起動します。

  • ※送信する前に宛先が上記アドレスと相違ないかご確認ください。

  • ※重要なデータを含んでいる場合は、.zip を暗号化し、パスワードは別途お知らせください。

旧バージョンのドキュメントについて

SpriteStudioArchiveをご参照ください。

=========================================================

株式会社ウェブテクノロジ
http://www.webtech.co.jp/
Copyright(C) Web Technology Corp.

=========================================================

  • SpriteStudio, Web Technologyは、株式会社ウェブテクノロジの登録商標です。
  • その他の商品名は各社の登録商標または商標です。
Clone this wiki locally
You can’t perform that action at this time.
You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.
Press h to open a hovercard with more details.