Skip to content

draftにsaveするのを忘れてページ移動しちゃって、やる気が一気になくなったので、簡単に殴り書きしておきます。

running image

ライセンスは、MITライセンスにライブラリの修正BSDライセンスや.net libraryのMICROSOFT SOFTWARE LICENSE TERMSだったりがついてきます。

ドキュメント作るのが面倒になったので、時刻表ファイルに関してはサンプルファイルだけつけておきます。見難くても良ければ、ソースファイル内にコメントとして書いてあるので、そこを読むのも手です。

BIDSをBVE側で設定(BVE5なら車両に組み込んでロード、openBVEなら入力デバイスプラグインに設定してスタート)すると、自動で連動が開始します。連動に関してユーザーの操作は不要です。
時刻表ファイルの読み込みにPickerを使わねばなのは、しばらくちょっと我慢しててください...そのうち別の方法も追加します...

Assets 3

@TetsuOtter TetsuOtter released this May 1, 2019 · 3 commits to master since this release

本プラグインについては、README.mdのほかにTech Otterの解説ページも併せてお読みください。

About this Release

  • 本プラグインより参照利用している秋田の新快速氏の統合型プラグインより出力されるブレーキ操作が反映されないバグが報告されたため、修正しました。
  • unicorn氏が開発しkikuike氏が機能追加を行ったSC59Aプラグインについて、当方のミスにより正式公開版でないバージョンを配布していた可能性が浮上したため、正式公開版に差し替えました。
    なお、昨日公開した、本プラグイン専用に設定をしたSC59Aプラグインセットについては、公開を停止しました。

LICENSE

TR.LimExpTIMS.dll : https://github.com/TetsuOtter/LimExpTIMSPI/blob/master/LimExpTIMS/README.md
SC59A.dll : https://www.gnu.org/licenses/gpl-3.0.en.html

PIv100で添付したSC59Aプラグインについて

当方のミスにより、kikuike氏より提供されていたSC59Aプラグインの試供データをPIv100のReleaseで配布していたことが判明いたしました。
試供品である当該プラグインについてもGPLv3が適用され、その下で自由に再頒布等を行うことができますが、それが試供品であることに変わりはありません。
kikuike氏が当該試供データを正式化したv0.12を公開されるということで、これと同時に私が誤って公開していたファイルの公開を停止し、正式バージョンを本リリース(PIv102)にて改めて公開いたします。

ユーザーの皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご協力をお願いいたします。

Assets 6

@TetsuOtter TetsuOtter released this Apr 30, 2019 · 4 commits to master since this release

CabSeS転換がうまくいかない不具合を修正したほか、潜在的なバグを修正しました。

本プラグインについては、README.mdのほかにTech Otterの解説ページも併せてお読みください。

LICENSE

TR.LimExpTIMS.dll : https://github.com/TetsuOtter/LimExpTIMSPI/blob/master/LimExpTIMS/README.md

Assets 4

@TetsuOtter TetsuOtter released this Apr 30, 2019 · 9 commits to master since this release

本プラグインについては、README.mdのほかにTech Otterの解説ページも併せてお読みください。

LICENSE

TR.LimExpTIMS.dll : https://github.com/TetsuOtter/LimExpTIMSPI/blob/master/LimExpTIMS/README.md
SC59A.dll : https://www.gnu.org/licenses/gpl-3.0.en.html

SC59Aプラグインについて

当方のミスにより、kikuike氏より提供されていたSC59Aプラグインの試供データを配布していたことが判明いたしました。
当該プラグインについてもGPLv3が適用され、その下で自由に再頒布等を行うことができますが、それが試供品であることに変わりはありません。
kikuike氏が当該試供データを正式化したv0.12を公開されるということで、これと同時に私が誤って公開していたファイルの公開を停止し、正式バージョンを改めて公開いたします。

ユーザーの皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご協力をお願いいたします。

Assets 4
You can’t perform that action at this time.