Skip to content

@TetsuOtter TetsuOtter released this Sep 3, 2019 · 5 commits to master since this release

電車でGO! 新幹線編コントローラとBVEを連動させるため、BIDS_Server上で橋渡し役を担うLibraryです。

How to Use

Initialize

管理者権限が必要となります。ご注意ください。また、セキュリティ的にかなり危険な行為を行うこととなります。
以下の手順は、実行者の責任の下で行うようにしてください。Tetsu Otterは一切の責任を負いません。自己責任で行ってください。
実行中に2回再起動します。他に立ち上げているソフトウェアは必ず閉じてください。保存していない内容は、失われる可能性があります。
以下の手順は、Windows10(Version 1903) Home/Pro 64bit版(日本語版)での場合です。その他の環境では、手順が異なる場合があります。

  1. ダウンロードしたファイルを実行し、適当な場所に解凍します。
  2. 解凍したファイルのうち、「FirstProcess.bat」を実行します。
  3. 表示された「オプションの選択」画面より、「トラブルシューティング」「詳細オプション」「スタートアップ設定」「再起動」の順で選択します。
  4. 再起動後、「スタートアップ設定」画面が表示されるので、「7」キーを押下し、「ドライバー署名の強制を無効にする」を選択します。
  5. 通常通りログインしてください。
  6. 解凍したファイル群のうち、TCPP20011driverフォルダ内の「TCPP20011driver.inf」を右クリックし、「インストール」を選択し、ドライバをインストールします。
  7. 解凍したファイル群のうち、「SecondStep.bat」を実行し、再起動の終了を待ちます。
  8. 再起動完了後、通常通りログインしてください。
  9. コントローラをコンピュータのUSB端子に接続し、Windowsキー+「X」キーで表示されるメニューから起動できる「デバイスマネージャー」に、「libusb-win32 devices」およびその下に「TCPP20011」が表示されていることを確認します。
  10. BIDS_Serverのmodsフォルダに「TR.BIDSsvMOD.dgoctrlusb.dll」と「LibUsbDotNet.dll」をコピーします。

以上が初期設定の手順です。

Every Use

  1. BIDS_Serverを実行し、「dgoctrlusb」と打ってEnterを押下します。

何も出なければ接続成功です。

Optional Settings

  • "a" : ATC速度計に紐づけるPanelインデックス番号です。ATS-Psのパターン速度と紐づける場合、GAP準拠で「19」となります。この場合、「dgoctrlusb /a:19」と打って開始すればOKです。
  • "m" : ATC速度計に紐づけられたPanelの出力値にかけられる乗数です。例えば、140km/hを70分割してPanelに表示させている場合、140/70=2なので、「2」を指定してあげればOKです。この場合、"a"オプションに19を設定する場合、「dgoctrlusb /a:19 /m:2」と打って開始すればOKです。
  • "n" : 接続の名称を変更します。BIDS_Server独自の識別名称のため、変更しなくても問題ありません。
Assets 3
You can’t perform that action at this time.