最初の一歩
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.

README.md

ゆびトーン(開発名:MenZ-TONE)


初心者工作 お手軽演奏 ポータブル
程よい難易度! 指一本でカンタン演奏! ポケットサイズ!

IMAGE ALT TEXT

これは何?

MenZ-TONE実物

世界最小の音ゲーマシン!
ボタン一つに、圧電ブザー、スコアは自分の満足感!
楽器が何もできないのに、音楽を演奏したいヤツ必見!
指一本でカンタンに演奏できるぞ!

特徴

MenZ-TONE回路図

1鍵盤だけで曲を奏でる!
それっぽいタイミングでキーを押していけば ゆびトーン が勝手に演奏!
ゆびトーンに10曲収録しています!
ArduinoUNO を使えば MIDI や MML からコンバートして好きな曲を収録することも可能!

内容物

MenZ-TONE内容物


名前 個数 備考
基板 1 ゆびトーン専用
ATmega328P 1 ゆびトーン書き込み済み
水晶発振子 1 16MHz
セラミックコンデンサ 2 22pF
セラミックコンデンサ 1 0.1uF
電解コンデンサ 1 47uF
抵抗 1 330Ω
抵抗 4 10kΩ
抵抗 8 7セグLEDによって抵抗値変更
タクトスイッチ(大) 1 演奏用
タクトスイッチ(小) 3 その他操作用
発光ダイオード 1 PIN13用
発光ダイオード 1 演奏スイッチ用
7セグメントLED 1 アノードコモン
圧電ブザー 1

使用する工具

使用する工具

(左から)

  1. ハンダコテ

  2. ハンダ

    はんだ付けには上2つが必須!熱が出るので、やけどに十分して工作しよう!

  3. ニッパー

    はんだ付けしたあとの部品の足をこれで切り取ろう!


工作時の注意

  • 付属のマニュアルをよく読んで製作を行ってください
  • 工作時は工具による怪我、やけど等に十分注意して行いましょう
  • 保護者の方へ:お子様が製作を行う場合は、指導・監督や保護メガネ等の保護具等で安全を確保した上で製作をさせてください

曲リスト

番号 曲名 難易度(多いほど難しい)
0 オチに使われる効果音
1 チャルメラ
2 きらきら星 ☆☆
3 遠き山に日は落ちて ☆☆
4 赤い靴 ☆☆
5 カエルの歌 ☆☆
6 君が代 ☆☆☆
7 通りゃんせ ☆☆☆☆
8 かごめかごめ ☆☆☆☆☆
9 Auld Lang Syne(蛍の光) ☆☆

他の曲は無いの?

MenZ-TONE回路図

MMLデータをゆびトーン用のデータにコンバートするツールを作りました
http://www.the-menz.com/mml2tone.html

songs.hに自動演奏データや曲データが入っています
これを書き換えてArduinoに書き込みましょう

MIDI -> MML -> TONE の流れでMIDIからTONEに自動演奏&曲データを流し込めます

MIDIからMMLに変換するには 3ML EDITOR 2 が便利です
http://3ml.jp/

MIDIからMMLに変換する

  1. 3ML EDITOR 2でMIDIファイルを開きます

    「ファイル」>「標準MIDIファイルを入力」を選択して、ファイルを開きます

  1. 「インポート設定」の画面でOKをクリックします。

  1. Tempoの部分にある数字をメモっておきます

    例では100となっています

  1. メロディ部分のスコアを開き、使いたい部分のメロディーを選択してコピーします

    例では3小節途中までを選択しました

  1. MMLを全て削除してコピーしたMMLを貼り付けた後、コメントや改行を削除し1行にして、先頭にテンポを追加します

    テンポは100なので、MMLの先頭にt100を書きます

    1行にしたものをこのあとの作業に使用しますので、コピーしておきます


MMLからゆびトーンの形式に変換する

  1. 3ML EDITOR 2で仕込んだMMLをMML2TONEのテキストボックスに入れてconvert!ボタンを押します

    以下の3つの情報がでてきますので、これをこのあとの作業に使います。

    1. テンポ
    2. 配列形式の楽譜
    3. 配列形式の音符の長さ


曲をプログラムに追加する

例では、song2.hの1曲目を変更します。

  1. ヘッダファイルを開きます

  2. 楽譜を置き換えます(左:変更前、右:変更後)

  1. テンポを置き換えます(左:変更前、右:変更後)


  1. 音符の長さを置き換えます(左:変更前、右:変更後)


プログラムを書き込み、曲を確認する


この作業はArduinoや、ゆびトーンの故障につながる可能性があります
自己の責任において作業を行ってください


  1. ArduinoとゆびトーンからAVRを外す

    ソケットとAVRの間にマイナスドライバを差し込み、少し持ち上げます。
    これをAVR両端で交互に行い、徐々にAVRを持ち上げソケットから外します。
    ソケットからAVRを外すときは、足を曲げないように注意しながら外してください。

  1. ゆびトーンから外したAVRをArudinoに取り付ける

    逆差しをしないよう、ICソケットとAVRの切り欠きを確認して差し込みます。
    外すときのことを考え、最後まで刺さずに軽く浮かせておくと良いでしょう。

  1. プログラムを書き込む

    いつものようにプログラムを書き込みましょう。

  1. 動作確認

    Arduinoに取り付けたAVRをゆびトーンに戻して動作を確認します。 このときも、ICソケットの切り欠きとAVRの切り欠きの位置を十分注意して差し込みましょう。


参考URL

どうやって連絡すれば良い?