Permalink
Browse files

Site updated at 2013-03-31 23:34:38 UTC

  • Loading branch information...
1 parent 88bd4b5 commit 19a7f3475d3a827021560c873cd0c09c4e1be207 @Watson1978 committed Mar 31, 2013
View
@@ -4,7 +4,7 @@
<title><![CDATA[Watson's Blog]]></title>
<link href="http://watson1978.github.com/atom.xml" rel="self"/>
<link href="http://watson1978.github.com/"/>
- <updated>2013-03-31T21:53:16+09:00</updated>
+ <updated>2013-04-01T08:34:28+09:00</updated>
<id>http://watson1978.github.com/</id>
<author>
<name><![CDATA[Watson]]></name>
@@ -83,7 +83,7 @@
<h3>Goodbye IB, Hello Teacup : <a href="https://twitter.com/colinta">Colin T.A. Gray</a></h3>
-<p><a href="https://github.com/rubymotion/teacup">teacup</a> gem の使い方をデモしてました。最後の方で Kiln というライブラリのデモもしていましたが、こちらはまだ公開されていないようです。</p>
+<p><a href="https://github.com/rubymotion/teacup">teacup</a> gem の使い方をデモしてました。最後の方で Kiln というライブラリのデモもしていましたが、<del>こちらはまだ公開されていないようです。</del> <a href="https://github.com/colinta/kiln">https://github.com/colinta/kiln</a> で公開されました。</p>
<p>Kiln を使うとデバイス上で、UI 要素がどの座標に配置されているかとか、UI の階層構造を確認できたり、配色を変更できるようになるそうです。変更内容は teacup のスタイルでエクスポートできるようです。導入もすごく簡単そうでした。</p>
@@ -168,7 +168,7 @@ <h1 class="entry-title">RubyMotion Conference 2013</h1>
<h3>Goodbye IB, Hello Teacup : <a href="https://twitter.com/colinta">Colin T.A. Gray</a></h3>
-<p><a href="https://github.com/rubymotion/teacup">teacup</a> gem の使い方をデモしてました。最後の方で Kiln というライブラリのデモもしていましたが、こちらはまだ公開されていないようです。</p>
+<p><a href="https://github.com/rubymotion/teacup">teacup</a> gem の使い方をデモしてました。最後の方で Kiln というライブラリのデモもしていましたが、<del>こちらはまだ公開されていないようです。</del> <a href="https://github.com/colinta/kiln">https://github.com/colinta/kiln</a> で公開されました。</p>
<p>Kiln を使うとデバイス上で、UI 要素がどの座標に配置されているかとか、UI の階層構造を確認できたり、配色を変更できるようになるそうです。変更内容は teacup のスタイルでエクスポートできるようです。導入もすごく簡単そうでした。</p>
@@ -4,7 +4,7 @@
<title><![CDATA[Category: DTrace | Watson's Blog]]></title>
<link href="http://watson1978.github.com/blog/categories/dtrace/atom.xml" rel="self"/>
<link href="http://watson1978.github.com/"/>
- <updated>2013-03-31T21:53:16+09:00</updated>
+ <updated>2013-04-01T08:34:28+09:00</updated>
<id>http://watson1978.github.com/</id>
<author>
<name><![CDATA[Watson]]></name>
@@ -4,7 +4,7 @@
<title><![CDATA[Category: Library | Watson's Blog]]></title>
<link href="http://watson1978.github.com/blog/categories/library/atom.xml" rel="self"/>
<link href="http://watson1978.github.com/"/>
- <updated>2013-03-31T21:53:16+09:00</updated>
+ <updated>2013-04-01T08:34:28+09:00</updated>
<id>http://watson1978.github.com/</id>
<author>
<name><![CDATA[Watson]]></name>
@@ -4,7 +4,7 @@
<title><![CDATA[Category: MacRuby | Watson's Blog]]></title>
<link href="http://watson1978.github.com/blog/categories/macruby/atom.xml" rel="self"/>
<link href="http://watson1978.github.com/"/>
- <updated>2013-03-31T21:53:16+09:00</updated>
+ <updated>2013-04-01T08:34:28+09:00</updated>
<id>http://watson1978.github.com/</id>
<author>
<name><![CDATA[Watson]]></name>
@@ -4,7 +4,7 @@
<title><![CDATA[Category: Pixate | Watson's Blog]]></title>
<link href="http://watson1978.github.com/blog/categories/pixate/atom.xml" rel="self"/>
<link href="http://watson1978.github.com/"/>
- <updated>2013-03-31T21:53:16+09:00</updated>
+ <updated>2013-04-01T08:34:28+09:00</updated>
<id>http://watson1978.github.com/</id>
<author>
<name><![CDATA[Watson]]></name>
@@ -4,7 +4,7 @@
<title><![CDATA[Category: RubyKaigi, | Watson's Blog]]></title>
<link href="http://watson1978.github.com/blog/categories/rubykaigi-/atom.xml" rel="self"/>
<link href="http://watson1978.github.com/"/>
- <updated>2013-03-31T21:53:16+09:00</updated>
+ <updated>2013-04-01T08:34:28+09:00</updated>
<id>http://watson1978.github.com/</id>
<author>
<name><![CDATA[Watson]]></name>
@@ -4,7 +4,7 @@
<title><![CDATA[Category: RubyMotion, | Watson's Blog]]></title>
<link href="http://watson1978.github.com/blog/categories/rubymotion-/atom.xml" rel="self"/>
<link href="http://watson1978.github.com/"/>
- <updated>2013-03-31T21:53:16+09:00</updated>
+ <updated>2013-04-01T08:34:28+09:00</updated>
<id>http://watson1978.github.com/</id>
<author>
<name><![CDATA[Watson]]></name>
@@ -4,7 +4,7 @@
<title><![CDATA[Category: RubyMotion | Watson's Blog]]></title>
<link href="http://watson1978.github.com/blog/categories/rubymotion/atom.xml" rel="self"/>
<link href="http://watson1978.github.com/"/>
- <updated>2013-03-31T21:53:16+09:00</updated>
+ <updated>2013-04-01T08:34:28+09:00</updated>
<id>http://watson1978.github.com/</id>
<author>
<name><![CDATA[Watson]]></name>
@@ -83,7 +83,7 @@
<h3>Goodbye IB, Hello Teacup : <a href="https://twitter.com/colinta">Colin T.A. Gray</a></h3>
-<p><a href="https://github.com/rubymotion/teacup">teacup</a> gem の使い方をデモしてました。最後の方で Kiln というライブラリのデモもしていましたが、こちらはまだ公開されていないようです。</p>
+<p><a href="https://github.com/rubymotion/teacup">teacup</a> gem の使い方をデモしてました。最後の方で Kiln というライブラリのデモもしていましたが、<del>こちらはまだ公開されていないようです。</del> <a href="https://github.com/colinta/kiln">https://github.com/colinta/kiln</a> で公開されました。</p>
<p>Kiln を使うとデバイス上で、UI 要素がどの座標に配置されているかとか、UI の階層構造を確認できたり、配色を変更できるようになるそうです。変更内容は teacup のスタイルでエクスポートできるようです。導入もすごく簡単そうでした。</p>
View
@@ -136,14 +136,14 @@
</url>
<url>
<loc>http://watson1978.github.com/blog/2013/03/31/rubymotion-conference-2013/</loc>
- <lastmod>2013-03-31T21:51:56+09:00</lastmod>
+ <lastmod>2013-04-01T08:33:11+09:00</lastmod>
</url>
<url>
<loc>http://watson1978.github.com/blog/archives/</loc>
- <lastmod>2013-03-31T21:51:56+09:00</lastmod>
+ <lastmod>2013-04-01T08:33:11+09:00</lastmod>
</url>
<url>
<loc>http://watson1978.github.com/</loc>
- <lastmod>2013-03-31T21:51:56+09:00</lastmod>
+ <lastmod>2013-04-01T08:33:11+09:00</lastmod>
</url>
</urlset>

0 comments on commit 19a7f34

Please sign in to comment.