Skip to content

インストール方法

概要

 アズールレーンに関する様々な計算を行う計算機です。現時点で次の機能を実装しています。

  • キャラがレベルX→レベルYになるまでに必要な経験値を計算
  • 海域経験値を計算し、レベリングに必要な周回数を算出
  • 寮舎経験値を計算し、レベリングに必要な経過時間を算出
  • スキルレベルを上げるために、必要な教科書数と時間を算出
  • ドロップ/建造の確率と試行回数から、成功確率を計算
  • ドロップ/建造の確率から、50~99%成功する試行回数を算出
  • ドロップ/建造の試行回数と成功回数から、次の数値を算出
  • 成功確率
  • 成功確率の95%信頼区間(Clopper-Pearson Method)
  • 事前に判明していた確率におけるp値(Sterneの手法)

使い方

 見ればすぐに分かると思いますが、分かりづらい点を補足します。

艦船経験値計算機

  • 左上のボタンからメニューを開き、使用したい計算機を選びます
  • 経験値計算機→海域タブ→海域オプション→対象における「周回」とは、マップを周回した際の標準的な獲得経験値のことです
  • 具体的には、「中型艦隊経験値×ボスが出てくるまでに倒す道中の艦隊数+ボス艦隊経験値」です
  • オプションにおける「寮舎経験値に~」は、例の長時間遠征(燃料消費と引き換えに大量の経験値を貰える奴)と併用する人向けです

艦船スキル計算機

  • 「余剰経験値」とは、そのスキルレベルに達するために最低限必要な経験値より幾ら余らせているかの値です
  • 例えば、スキルLv1の経験値0状態からT3(属性一致)教科書を与えると、Lv4になる+余剰経験値500となります

確率計算機

  • 「確率計算」タブでは、ドロップ・建造において何回試行すればいいかを計算することができます
  • 例えば、3%の確率で建造できるSSRは、100回建造すると95.2%の確率で1隻以上登場します
  • また、逆に90%の確率で建造するには76隻は建造する必要があることが分かります
  • 「確率推定・検定」タブでは、事前に判明している確率と、実際の結果とを比較できます
  • 例えば、100回ドロップ or 建造して10回成功した場合、成功率は10%、成功率の95%信頼区間は4.9~17.6%です
  • また、事前に判明している確率が3%なら、実際の結果と比較した際のp値は0.000874と計算されます
  • 平たく言えば、「p値が0.05より明らかに小さいので、実際の結果が起きるのは偶然とは言えない」ということです
  • それと、「信頼区間内に事前に判明している確率が入っていないので、偶然とは言えない」とも言えます
  • p値と信頼区間では信頼区間の方を信用してください
  • 厳密に言えば、「確率推定・検定」タブではR言語におけるbinom.test関数をシミュレートしています
  • binom.test関数はデフォルト設定だと、信頼区間にClopper-Pearson Method、p値にSterneの手法を使用します

著作権情報

ライセンス

 MIT License

更新履歴

Ver.1.1.0(2018/03/23)

  • 艦船スキル計算機を実装
  • 確率計算機を実装

Ver.1.0.0(2018/03/22)

  • 最初のリリース
Assets 3

@YSRKEN YSRKEN released this Mar 21, 2018 · 17 commits to master since this release

インストール方法

概要

 アズールレーンに関する様々な計算を行う計算機です。現時点で次の機能を実装しています。

  • キャラがレベルX→レベルYになるまでに必要な経験値を計算
  • 海域経験値を計算し、レベリングに必要な周回数を算出
  • 寮舎経験値を計算し、レベリングに必要な経過時間を算出

使い方

 見ればすぐに分かると思いますが、分かりづらい点を補足します。

  • 左上のボタンからメニューを開き、使用したい計算機を選びます
  • 経験値計算機→海域タブ→海域オプション→対象における「周回」とは、マップを周回した際の標準的な獲得経験値のことです
  • 具体的には、「中型艦隊経験値×ボスが出てくるまでに倒す道中の艦隊数+ボス艦隊経験値」です
  • オプションにおける「寮舎経験値に~」は、例の長時間遠征(燃料消費と引き換えに大量の経験値を貰える奴)と併用する人向けです

著作権情報

ライセンス

 MIT License

Assets 3
You can’t perform that action at this time.