GR-LYCHEEで物体追跡(色検出)ロボ
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
stl
.mbed
DisplayApp.lib
I2CMotorDriver.cpp
I2CMotorDriver.h
LICENSE
Labeling.hpp
README.md
main.cpp
mbed-gr-libs.lib
mbed-os.lib
opencv-lib.lib

README.md

Color tracking robot with GR-LYCHEE

GR-LYCHEEプロデューサミーティング(ルネサスナイト11)で発表したGR-LYCHEEで物体追跡(色検出)ロボのプログラムです。

ベータ版のボードで開発したものなので、製品版では動かない可能性があります。販売開始後に改めて検証する予定です。

ESP32にはesp32-DisplayApp-WebServerを書き込んでください。

設定方法

  • DBG_CAPTURE : カメラ画像や認識結果をSDカードに保存する機能を有効化(FEATURE_FOLLOWとは排他)
  • DBG_PCMONITOR : DisplayAppでカメラ画像を表示する機能を有効化(FEATURE_ESP32MONITORとは排他)
  • FEATURE_ESP32MONITOR : WiFi経由でカメラ画像を表示する機能を有効化(DBG_PCMONITORとは排他)
  • FEATURE_FOLLOW : 追跡機能を有効化(DBG_CAPTUREとは排他)

US0/US1の機能

FEATURE_FOLLOWの場合

US0でモータ制御のOn/Offが出来ます。

FEATURE_ESP32MONITORの場合

US1で画像送信のOn/Offが出来ます。WiFi機能自体の無効化はできません。

DBG_CAPTUREの場合

シャッタボタンです。US0を押すとカメラ画像や認識結果をSDカードに保存します。

LEDの機能

  • LED1 : 動作中を表すLED。リセット後、初期化中の間は消灯。
  • LED2 : モータ制御の有効/無効を表す。
  • LED3 : WiFi経由での画像送信の有効/無効を表す。
  • LED4 : 物体認識がされてると点灯。

認識する色の調整

main.cppのdetectColor()関数で設定する。
Y,U,V値に対してチェックを行い、検知する色の場合はtrue,違う場合はfalseを返す。

ビルド方法

GR-LYCHEE用オフライン開発環境の手順を参考に開発環境を構築後、以下のコマンドを実行するとビルドできます。

$ mbed update
$ mbed compile -m GR_LYCHEE -t GCC_ARM --profile debug

その他

ラベリング処理に井村研究室のラベリングクラス(Labering.h)を利用しています。
Copyright (c) 2010, IMURA Masataka
http://imura-lab.org/products/labeling/


Copyright © 2017 Yuuichi Akagawa

Licensed under the Apache License 2.0 as described in the file LICENSE.