Skip to content
Dummy USB load
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
README.md readmeを推敲 Oct 9, 2018
USBload.ino
USBload2_OPL.brd add PCB data Oct 3, 2018
USBload2_OPL.sch add PCB data Oct 3, 2018
USBload2_OPL_gerber.zip add PCB data Oct 3, 2018

README.md

USBload

Dummy USB load

usbload

これは何?

マイコンボードやLEDなどをモバイルバッテリーで駆動させるとき、急に電源が切れてしまうことはありませんか? 大抵のモバイルバッテリーは消費電流が弱い時にスリープするようになっています。

本モジュールをモバイルバッテリーに取り付けることで、定期的に負荷電流を流すことで、モバイルバッテリーをスリープさせないようにすることができます。

本モジュールは間欠で電流を流すことで、モバイルバッテリーの動作時間により影響を与えないようにしました。 また、端子を結線することで、消費電流値と電流の間欠期間を設定できます。 それにより、使用するモバイルバッテリーの挙動に合わせ、動作を調整することができます。

使い方

モバイルバッテリーに本モジュールのオス側を差し込み、メスコネクタに給電用USBケーブルを差し込むだけです。

※使用するモバイルバッテリーにあわせて、以下の「設定」を行う必要があります。

設定

電流間欠期間の設定方法

本モジュールを接続しない状態で、モバイルバッテリーをONにし、その後、自動的にスリープに入る(給電が止まる)までの時間を計測します。その時間に応じて、以下のとおり間欠期間を設定します。

間欠期間は、上記画像の赤色のA,Bパターンをショートすることで設定できます。

A B 間欠期間 補足
オープン オープン 約24秒 30秒でスリープするモバイルバッテリー向け
ショート オープン 約16秒 20秒でスリープするモバイルバッテリー向け
オープン ショート 約12秒 15秒でスリープするモバイルバッテリー向け
ショート ショート 約8秒 10秒でスリープするモバイルバッテリー向け

消費電流値の設定方法

デフォルトで100mA流れるようになっており、上記画像の青色のパターンを1つショートするごとに電流値が100mA増えます。 多くのモバイルバッテリーは100mAのままでスリープを回避できるようですが、より多くの電流が必要なものもありますので、100mAのままではスリープを回避できない場合は、順に流す電流を増やしてください、

その他

サイズ:18×12×10.5mm
モジュールの消費電流値:100mA~400mA
モジュールの電流増減インターバル:約10~30秒

(自作する人向け)設計データ・ファームウエア

ATtiny10の書き込みは以下を参照。 https://make.kosakalab.com/make/electronic-work/arduino-ide-dev/

You can’t perform that action at this time.