This repository has been archived by the owner. It is now read-only.
Milkpack.js と CreateJS の連携サンプル
JavaScript CoffeeScript
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
deploy
src
.gitignore
Gruntfile.coffee
README.md
package.json

README.md

Milkpack.js と CreateJS の連携サンプル

第3回 CreateJS 勉強会で発表した Milkpack.jsCreateJS の連携サンプルです。

以下の資料も併せてご覧ください。
https://github.com/alumican/Milkpack-createjs-presentation
時間がなかったので資料の中にある createjs.DOMElement は使わずにすべて canves でレンダリングしています。

実際に動くものを見る

http://lab.alumican.net/createjs_seminar/03/example/

ブラウザのデバッグコンソールを起動すると Hello → Arrive → Leave → Bye の処理の流れが分かります。

自分の環境で動かす

deploy ディレクトリがホストのルートになるように apache ローカルサーバ上で動かしてください。

apache 以外の環境で動かす場合は、下層ページへのダイレクトアクセスをルートにリダイレクトする処理を適宜設定してください。 つまり、kazitori.js が動く環境であれば動きます。

改造する

src ディレクトリの中にコメント付きのソースコード一式が入っています。 Application.coffe が起点となっているのでそちらから読み進めるのがよいでしょう。

CoffeeScript のコンパイルには grunt のバージョン0.4以降を使用しています。 grunt-cli、node.js がインストールされている環境であれば、package.json があるディレクトリで npm install を実行すると grunt の環境が構築されるはずです。

ライセンス

ライブラリに関するライセンスは各ライブラリに従ってください。 その他はお好きにどうぞ。