Skip to content
master
Switch branches/tags
Code

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
Mar 19, 2019
Jan 20, 2019
Apr 23, 2019
...
Mar 19, 2019
...
Mar 19, 2019
Jan 20, 2019
Jan 20, 2019
...
Mar 19, 2019
Jan 20, 2019
Jan 20, 2019
Jan 20, 2019
...
Mar 19, 2019
fix
Aug 14, 2019
fix
Aug 14, 2019

Re:VIEW+CSS組版 執筆環境構築

Re:VIEW+CSS組版の執筆環境を構築できます。

git clone

$ git clone -b v0.2.0 git@github.com:at-grandpa/review-and-css-typesetting.git

説明書PDF

説明書のPDFのリンクは以下です(リリースページにあるPDFのリンクです)。セットアップの方法や執筆の進め方などが記載されています。

説明書PDF

このPDFはサンプルPDFの役割も果たしています。このリポジトリ直下で make setupmake pdf を実行すれば、./articles/book.pdf に同様のものが出力されます。 実際にCSS組版を適用したものになっているので、試行錯誤の材料としてご利用ください。

動作環境

下記のものがインストールされている状態で動作確認をしています。

$ sw_vers | grep Product
ProductName:    Mac OS X
ProductVersion: 10.13.6

$ docker -v
Docker version 18.09.1, build 4c52b90

$ docker-compose -v
docker-compose version 1.23.2, build 1110ad01

$ make -v
GNU Make 3.81

コマンド一覧

よく使うコマンドは以下です。

  • make setup で環境が整う
  • make pdf./articles/book.pdf にPDF出力
  • make browser でブラウザ確認ができ、DevToolsなどでCSSの調整ができる
  • make lint でtextlintとprhによるlintをかける

その他のコマンドは make もしくは make help で見ることができます。

$ make help

    review-and-css-typesetting

    usage: make [command]

    help       ヘルプを表示
    args       デフォルトの変数を表示する
    setup      docker環境をセットアップする
    build      dockerイメージをbuildする
    up         dockerコンテナを立ち上げる
    clean      dockerコンテナを停止して削除する
    stop       dockerコンテナを停止する
    rm         dockerコンテナを削除する
    ps         dockerコンテナ一覧を表示する
    login      dockerコンテナ内にログインする
    init       ./article配下を削除して、review-initで./articlesを再生成する
    html       htmlを生成する (./articles/book.html)
    pdf        PDFを生成する (default: ./articles/book.pdf) (出力先変更: make pdf PDF=./hoge.pdf)
    browser    ブラウザで表示する (vivliostyle経由)
    lint       textlint, prhでlintをかける
    lint/fix   prhの指摘点を自動修正する

ライブラリのバージョン

  • Re:VIEW : 3.1
  • Vivliostyle : 2018.12.103

circleci

.circleci/config.yml に設定が書かれています。 make lintmake pdf が実行され、エラーがないかチェックしています。 Artifacts として book.pdf がダウンロードできます。

フィードバック

ISSUEやPRは大歓迎です。よりよいRe:VIEW+CSS組版の環境を目指しましょう!