Skip to content
Craft CMS ドキュメントの日本語訳プロジェクト
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
glossary
omegat
target
README.md
omegat.project

README.md

概要

このリポジトリは、Craft CMS documentation を日本語に翻訳するプロジェクトです。

翻訳を始めるには

本プロジェクトでは翻訳メモリソフト OmegaT を利用して作業を進めます。
OmegaT の「チーム機能」を利用するため、当リポジトリとの同期は自動で行なわれます。

注意:プラグインが必要です

OmegaT の翻訳ソースに Markdown を指定するにあたって okapiFiltersForOmegaT プラグインが必要です。
下記などを参考に、事前にプラグインをインストールしておいてください。

【天使降臨】OmegaTにOkapiプラグインを入れてXLF/XLIFFファイルを使う方法 - WSBIWSBI
http://wsbi.net/omegaT_angel

注意:名前を設定してください

作業前に OmegaT の環境設定ダイアログで チーム を選び、名前または ID を確認してください。
ここで入力された値はコミットメッセージに Translated by {{名前または ID}} の形で挿入されるため、公開しても問題ない内容にしておきましょう。

1. 翻訳プロジェクトのダウンロード

OmegaT を起動後、メニューから プロジェクト > チームプロジェクトをダウンロード... を選択します。

チームプロジェクト ダイアログの リポジトリ URL には git@github.com:bit-part/craftcms_docs-ja.git または https://github.com/bit-part/craftcms_docs-ja.git と入力します。OmegaT のバージョンによりチームプロジェクトの Git が HTTPS 固定の場合がありますので、注意してください。

ローカルフォルダー には保存先の任意のディレクトリを指定してください。確定 ボタンをクリックすると、保存先に当リポジトリのクローンが生成されます。

2回目以降は、ローカルフォルダにある omegat.project をダブルクリックするとプロジェクトを直接開くことができます。

2. 翻訳ソースの取得

本家の公式リポジトリから、英語版の Markdown ファイル一式を取得します。

取得した docs ディレクトリをローカルフォルダの source ディレクトリの中に移動し、以下の変更を加えます。

  • docs/ja ディレクトリに含まれるすべてのディレクトとファイルを削除
  • docs/.vuepress を削除
  • docs/ja を除く、すべてのディレクトリとファイルを docs/ja に移動

これによって、元の英文ファイルをソースとする日本語版の翻訳が可能となります。

翻訳ソースに変更を加えた場合は、メニューの プロジェクト > 再読み込み を実行し、アップデートしてください。

3. 翻訳する

OmegaT でプロジェクトを開くと「翻訳対象ファイル一覧」ウィンドウが表示されます。その中から翻訳したいファイルを選択し、メインウィンドウで文節ごとの翻訳をしてください。

4. コミットとGitHubリポジトリへの反映

初めてプロジェクトを保存すると 認証 ダイアログが表示される場合がありますので、GitHub のユーザー名とパスワードを入力してください。ただし、何も変更がない場合は2回目以降の保存時となります。

参考

OmegaT 日本語化プロジェクトの Wiki を参考にしてください。

OmegaT のチーム機能の使い方

翻訳ソース

翻訳のベースとなるドキュメントの著作権は Craft CMS 開発チームにあります。

公式リポジトリの Contributor として参加させてもらっていますので、当プロジェクトで修正された内容を確認後にコミットします。(※反映時期については、一任ください。)

誤訳について

翻訳にあたり意訳を含む場合があるため、本来の翻訳としては不適切な表現があるかもしれません。
誤りや気になる表現などは Issue でのフィードバックにご協力ください。

OmegaT で訳文ファイルを出力後、調整が必要なファイルについて

リストの項目内に TIPSソースコード を含む場合、インデントがずれてしまう影響で、表示が崩れる可能性があります。
OmegaT の設定で調整できないようでしたら、訳文ファイルを生成後に手動で調整してください。

なお、確認している修正が必要なファイルは以下の通りです。

  • target/docs/ja/category-fields.md
  • target/docs/ja/config/config-settings.md
  • target/docs/ja/dev/functions.html
  • target/docs/ja/dev/tags/cache.html
  • target/docs/ja/extend/coding-guidelines.html
  • target/docs/ja/extend/element-types.md
  • target/docs/ja/extend/plugin-editions.md
  • target/docs/ja/extend/plugin-guide.md
  • target/docs/ja/extend/soft-deletes.md
  • target/docs/ja/extend/updating-plugins.md
  • target/docs/ja/localization.md
  • target/docs/ja/project-config.md
  • target/docs/ja/routing.html
  • target/docs/ja/upgrade.md

target/docs/ja/config/config-settings.md では、リンク URL の https://docs.craftcms.com/v3/ を相対パスに変更する必要があります。

target/docs/ja/extend/coding-guidelines.html では、「条件」のインライン表記部分のバッククォートも修正が必要です。

target/docs/ja/extend/plugin-editions.html では、比較演算子の表組みが正しく表示されるよう調整する必要があります。

target/docs/ja/extend/plugin-guide.html では、[Craft License](https://craftcms.github.io/license/) を使用する計画の場合、MIT 部分のバッククォートを MIT のみにする修正が必要です。

target/docs/ja/extend/updating-plugins.md では、「Yii 2」の アセット → Assets、「翻訳」のインライン表記部分のバッククォートも修正が必要です。

target/docs/ja/localization.md では、リンク URL から https://docs.craftcms.com/v3/ を除去する必要があります。

管理者

Toru Kokubun https://twitter.com/BUN

謝辞

この README は、Perl 6ドキュメント日本語化プロジェクトの内容を参考にさせていただきました。

You can’t perform that action at this time.