Skip to content
Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
13 lines (8 sloc) 1.44 KB
title tags
CobolInference
domain specific language

http://martinfowler.com/bliki/CobolInference.html

「何かしらの技術によってユーザーは自分達のソフトウェアを自らの手で書くことが出来るようになり、将来プログラマは不要になる」という主張を頻繁に耳にする。この手の話を聞く度に思い出すのは、これこそがまさにCOBOLの目標だったということ—そしてその結果がいかなるものであったかについてはみなさんご存知のとおりだ。

多くの開発者と同じように、ソフトウェアの重要な部分が非プログラマによって書かれるようになるという予想については、私は極めて懐疑的だ。思うに、生産性の高いプログラマに特有のスキルや思考様式というのがあるのではないか—それが物事の振る舞いを的確に記述し、そしてその大量の記述を柔軟性のある構造へと落とし込む方法を見出すのに役立っているのではないか。それは誰もが持っているスキルではない—そしてそれはフルタイムの仕事に結びつく。そのためだろうか、エンドユーザープログラミングとしてもたらされたテクノロジーが、真のビジネス部門ユーザーではないプログラマによるコミュニティを形成することはよくあるのだ。

{{comment}}

You can’t perform that action at this time.