Skip to content
Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
94 lines (67 sloc) 2.99 KB
title tags
JRubyVelocity
tools

http://martinfowler.com/bliki/JRubyVelocity.html

昨日、velocityをいじってテンプレートとマクロについて調査する必要があった。 velocityのシンプルなテンプレート言語は好きだが、Javaや.NETのコンテクストでは使っていなかった。当時、velocityを使うために環境をセットアップしたりJavaでプロセッサを実行したりするのは面倒なことだった。

こういったときにはスクリプト言語が必要だ。私好みのスクリプト言語はRubyなので、JRubyを試す良い機会だろう。結論から言うと、うまくはいくんだが、たぶん話はつまんないよ。

JRubyをダウンロードし、/usr/local/lib に展開して、シンボリックリンクを張ることで /usr/local/lib/jruby で参照できるようにした。

それから、/usr/local/bin に以下のようなリダイレクトをするシェルを記述した。

 JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-1.5.0-sun
 JRUBY_HOME=/usr/local/lib/jruby
 
 /usr/local/lib/jruby/bin/jruby $*

これでJRubyを実行できるようになった。

 $ jruby -v
 ruby 1.8.5 (0) [java]

(実際にはこれよりも時間がかかった。椅子とキーボードの間(訳注:つまり「自分」)にバグがあったのだ。それが何であったかは、恥ずかしくて言えない。)

velocityを実行するには、JRubyのクラスパスにvelocityを追加する必要がある。

 CLASSPATH=path/to/velocity-dep-1.4.jar
 export CLASSPATH
 jruby $*

velocityの実行用に、ちょっとしたヘルパークラスを書いた。

require 'java'

class VelocityLauncher
  def initialize context, template
    @context = context
    @template = template
  end

  include_class 'org.apache.velocity.app.Velocity'
  include_class 'org.apache.velocity.VelocityContext'
  include_class 'java.io.StringWriter'

  def run
    vc = VelocityContext.new(@context)
    writer = StringWriter.new
    Velocity.init
    Velocity.evaluate(vc, writer, "LOG", @template)
    return writer.getBuffer
  end
end

で。ちょっとしたテンプレートを書いてみた。

これは$hostからのお知らせだ。

Our chief weapons are:
#foreach ($w in $weapons) 
  - $w 
#end

これを動かすにはrubyのハッシュが必要だ。ハッシュを作るのは簡単だ。

ct = {'host' => 'Cardinal Fang', 
  'weapons' => ['Fear', 'Surprise', 'Ruthless Efficiency']}
template = File.readlines('template.txt').join

puts VelocityLauncher.new(ct, template).run

これを拡張すると、velocityにフォームのコンテクストファイルを読み込ませるナイスなコマンドラインランナーになる。

 host = 'Cardinal Fang'
 weapons = ['Fear', 'Surprise', 'Ruthless Efficiency']}

だが、私にはまだ必要ない。なので、あとでやる。(「あとで」という言葉に拘束力があることは重々承知だ)

You can’t perform that action at this time.