HubotをSlackに連携させる用のミニマムなファイル群です。 HubotはHerokuにデプロイする想定です。(※hubot-slackを利用しております。)
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
bin
scripts
.gitignore
Procfile
README.md
external-scripts.json
hubot-scripts.json
package.json

README.md

Hubot for Slack

HubotをSlackに連携させる用のミニマムなファイル群です。 HubotはHerokuにデプロイする想定です。

hubot-slackを利用しております。

注意事項

PRIVATE GROUPではhubotが反応してくれないようです。。

設定方法

0. このリポジトリをForkする

このリポジトリをForkしてください。 ※個別にカスタマイズしたい場合はForkするほうがよいかと。

1. Forkしたファイルをローカルにgit cloneする

$ git clone https://github.com/blue-goheimochi/hubot-slack-base.git

※リポジトリをForkしている場合はよしなにClone URLを変えてください。
※カレントディレクトリをCloneしたファイルのあるディレクトリに移動しておいてください。

2. Heroku appを作成する

$ heroku create yourname-hubot-slack

※適当な名前でHeroku appを作成します。
※herokuコマンドを使用するためにはHeroku ToolBeltをインストールしておく必要があります。
※herokuにログインしていない場合はheroku loginのコマンドでログインしてください。

3. Herokuにソースコードをデプロイする

$ git push heroku master
$ heroku ps:scale web=1

※ここでワーカープロセスも指定しておきます。

4. HerokuのAddonを追加する

$ heroku addons:add rediscloud

※redisのAddonを追加します。

5. Herokuのconfig設定する

$ heroku config:add HEROKU_URL=http://XXXXX.herokuapp.com

※2. で作成したHeroku appのURLを指定します。

$ heroku config:add HUBOT_SLACK_TOKEN=your-slack-token
$ heroku config:add HUBOT_SLACK_TEAM=your-slack-team
$ heroku config:add HUBOT_SLACK_BOTNAME=your-slack-botname

※Slack上の「Configure Integrations」から「Hubot」を追加し、「Setup Instructions」>「Expand」で表示される情報を設定します。
※Slack上の「Integration Settings」で「Hubot URL」を指定する部分があるので、Heroku appのURL設定してください。
※HUBOT_SLACK_BOTNAMEは任意に設定できます。

$ heroku config:add HUBOT_SLACK_CHANNELMODE=whitelist

or

$ heroku config:add HUBOT_SLACK_CHANNELMODE=blacklist

※HUBOT_SLACK_CHANNELMODEがwhitelistの場合はHUBOT_SLACK_CHANNELSで指定したチャンネルのみを監視します。
※反対にHUBOT_SLACK_CHANNELMODEがblacklistの場合はHUBOT_SLACK_CHANNELSで指定したチャンネル以外を監視します。

$ heroku config:add HUBOT_SLACK_CHANNELS=channel1, channel2

※監視するチャットルームを設定する場合はHUBOT_SLACK_CHANNELSで指定します。

6. SlackでHUBOT_SLACK_BOTNAME宛てにpingを送る

HUBOT_SLACK_BOTNAME=hubotの場合

hubot ping

or

@hubot ping

をHubotが許可されているチャンネルで投稿。

PONG

とHubotから返ってくる。

以上。