Skip to content
Branch: master
Find file History
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
..
Failed to load latest commit information.
README.md
example29u_dash.ino
promiscuous.h
promiscuous.ino
uart_mon_dash.bas
uart_mon_dash.sh

README.md

Example 29u

MACブロードキャスト/ Amazon Dash ボタン検出

スマートフォンやPCが自宅の無線LANへ自動接続したときや、Amazon Dashボタンが押下されたときなどに、送信するMACブロードキャストを検出します。
プロミスキャスモードで待ち受け、予め設定した特定のMACアドレスの端末を検出した時にシリアル送信(UART出力)によって通知します。

設定はシリアル通信で行います(TFTPで設定ファイルを受けるバージョンはexample29_dashです)。
https://github.com/bokunimowakaru/esp/tree/master/2_example/example29_dash 起動後、普段はプロミスキャスモードでリスト中のMACアドレスを待ち受けます。

動作方法

ソースリスト中の#define部へ無線LANアクセスポイントのSSIDとパスワード(PASS)を設定して下さい。
本機を起動し、シリアル通信ですると、TFTPサーバから設定ファイルを受信し、設定ファイルに記載した特定のMACアドレスの端末を待ち受けます。 同じ機器から同種別のデータを連続して受信した場合は出力しません(待機時間0.5秒)。 チャンネルを変更するには、シリアルから「channel=数字」と改行を入力してください。

仕様

  • シリアル速度は115200bpsです。※9600bpsではありません

  • 出力形式:先頭に'(0x27)とスペース(0x20)に続いて6桁のMACアドレスをテキスト出力

    ' xx:xx:xx:xx:xx:xx
    ' xx:xx:xx:xx:xx:xx
    ' xx:xx:xx:xx:xx:xx

  • 入力パラメータ:シリアルからコマンドを入力して変更

???

    シリアル動作確認

channel=1~12

    検出したい Wi-Fiチャンネルを指定する

channel?

    Wi-Fiチャンネルを確認する

filter=0~5

    0: フィルタなし
    2: (標準)0.5秒以内に検出した同じMACの出力を保留
    5: 10秒以内の同じMACの出力を保留

mode=0~3

    0: (標準) MAC出力モード
    1: adashモード(登録した5個までのAmazon Dashボタンの検出を出力する)
    2: phoneモード(登録した5台までのスマートフォンの検出を出力する)
    3: 1+2の混在モード

adash=N,XX:XX:XX:XX:XX:XX

    N: adash番号1~5
    XX:XX:XX:XX:XX:XX: MACアドレス

phone=N,XX:XX:XX:XX:XX:XX

    N: phone番号1~5
    XX:XX:XX:XX:XX:XX: MACアドレス

phone?

    phone=N,macで登録したMACアドレスを表示する

adash?

    adash=N,macで登録したMACアドレスを表示する

time?

    各機器の待ち時間情報を表示する

wifi=0~1

    0: OFF
    1: ON

save!

    設定を保存する

参考文献

下記の情報およびソースコードを利用させていただきました(2017/9/16)。

プロミスキャスモードを用いたESP8266でのAmazon Dash Buttonのイベント取得
http://qiita.com/kat-kai/items/3b1d5c74138d77a27c4d

ライセンス:Qiita利用規約に基づく
権利者:kat-kai http://qiita.com/kat-kai

ご注意

  • プロミスキャスモードはESPモジュール内でWi-Fiで受信可能な全てのパケットを処理します。ネットセキュリティ上の脆弱性の十分に注意して利用してください。

Copyright (c) 2017-2019 Wataru KUNINO
https://bokunimo.net/

You can’t perform that action at this time.