Skip to content
Branch: master
Find file History
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
..
Failed to load latest commit information.
Ambient.cpp
Ambient.h
README.md
README_Ambient.md
hr202l.ino
ht202l_toAmbient.ino

README.md

AOSONG HR202L で湿度測定し、クラウドサービス Ambient へ送信する

60円から200円程度で販売されている、とても安価な湿度センサ。扱いにくいせいか、あまり製作記事が見当たらなかったので、この湿度センサを使って湿度を測って、Ambientへ送信するサンプルを製作してみました。

製作方法

書き込み方法

Arduino IDEで ht202l_toAmbient.ino を開き、下記の項目を修正し、ESP32マイコンに書き込んでください。Ambient_channelIdとAmbient_channelIdは、アンビエントデーター株式会社が運営するクラウドサービス Ambientで取得してください。

#define SSID "1234ABCD"                     // 無線LANアクセスポイントのSSID
#define PASS "password"                     // パスワード
#define Ambient_channelId 100               // AmbientのチャネルID 
#define Ambient_channelId "0123456789abcdef" // Ambientのライトキー 

ESP用 Ambient ライブラリについて

本フォルダに含まれる以下のファイルは、アンビエントデーター株式会社が作成したものを当方がダウンロードしたものです。これらのファイルの権利はアンビエントデーター株式会社に帰属します。
詳細はREADME_Ambient.mdをご覧ください。

  • Ambient.cpp

    • ambient.cpp - Library for sending data to Ambient
    • Created by Takehiko Shimojima, April 21, 2016
  • Ambient.h

    • ambient.h - Library for sending data to Ambient
    • Created by Takehiko Shimojima, April 21, 2016
  • README_Ambient.md

HR202L用サンプルについて

その他のファイルについてはライセンスフリーです。
利用、編集、再配布等が自由に行えますが、著作権表示の改変は禁止します。
いかなる被害が発生したとしても当方は一切の責任を負いません。

I2C接続の温湿度センサの値を読み取る ASONG HR202L

回路図などの情報: https://bokunimo.net/blog/misc/701/

GitHub(Schematics): https://github.com/bokunimowakaru/hr202l/

                           Copyright (c) 2019 Wataru KUNINO
                           https://bokunimo.net/
You can’t perform that action at this time.