Skip to content
TTGO T-Camera ESP32 OV2640
Branch: master
Clone or download
Pull request Compare This branch is 22 commits ahead of lewisxhe:master.
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
image
schematic
.gitignore
OneButton.cpp
OneButton.h
OneButton_LICENSE.txt
OneButton_README.md
README.md
app_httpd.cpp
app_httpd.h
app_httpd_README.txt
camera_index.h
iot-cam_serv.sh
iot-camera.ino
iot-camera_README.md

README.md

TTGO T-Camera ESP32 OV2640

forked by Wataru KUNINO

Wi-Fi+カメラ搭載ボードTTGO T-Camera ESP32が、人体などの動きを検出すると、Raspberry Piへ写真を保存します。

  • Wi-Fi マイコンESP32と、JPEGカメラPV2640を搭載したTTGO T-Camera用のファームウェアです。
  • TTGO T-Cameraの人感センサが作動したときにUDPブロードキャストを送信します。
  • UDPブロードキャストを受けた Raspberry Pi などに撮影した写真を保存することが出来ます。

STAモード、SSID=1234ABCD、パスワード=passwordを設定しました。
その他の機能についてはは TTGO-Camera-Series (原作者:lewisxhe)のものなどを流用しています。

SSIDの変更方法

iot-camera.ino の下記の部分を変更してください。

/***************************************
 *  WiFi
 **************************************/
#define WIFI_SSID   "1234ABCD"          // your wifi ssid
#define WIFI_PASSWD "password"          // your wifi password

コンパイル方法

Arduino IDEに、arduino-esp32ならびにesp8266-oled-ssd1306 を組み込んで、コンパイルを行います。arduino-esp32のバージョンは 1.0.2 を使用しました。
※ご注意:バージョン1.0.0には本カメラ用ライブラリが含まれていないので、動作しません。

コンパイル時に必要なライブラリ:

Arduino IDEの[ツール]メニュー⇒[ボード]から、「ESP32 Wrover Module」を選択してください。
PSRAMを使用しているので、PSRAMの有効/無効の設定が表示された場合は、必ず「有効」にしてください。

  • Arduino IDE:[ツール]⇒[ボード]⇒[ESP32 Wrover Module]
  • PSRAM : Enable

Raspberry Pi側の実行方法

同じWi-Fiに接続したRaspberry Piで下記のコマンドを実行するとサーバが起動します。

cd
git clone https://github.com/bokunimowakaru/iot-camera
cd ~/iot-camera
./iot-cam_serv.sh

サーバが起動した状態で、TTGO T-Camera ESP32のボタン(IO34またはRST)を押すと、カメラのIPアドレスがサーバへ送信され、以降、人感センサが反応するたびに、写真を撮影し、Raspberry Piへ保存します。

M5Stackの液晶ディスプレイへ表示する

Wi-Fiカメラからの画像をM5Stackへ表示することが出来るフォトフレーム用ソフトも公開中です。

TTGO T-Camera+M5StackでWi-Fiカメラ

関連情報

このソースコードには、下記の製作物が含まれます。

ご注意・外部から不正に侵入されると、室内の様子などが流出してしまいます。

本ソフトウェアの配布にあたり、SSIDとパスワードを公開しています。Wi-Fiカメラが動作する周囲では、当該パスワードを利用することで、本カメラへアクセスすることが出来、実験中の室内の様子などが外部に流出してしまう場合があります。 また、うっかり電源を切り忘れたままにしてしまうと、常に室内の様子が閲覧可能な状態になってしまいます。十分にご注意ください。 玄関に設置した場合であっても、カメラが死角となる範囲の情報が得られたり、撮影した写真を別の写真で上書きするといったことも可能なので、運用時はSSIDやパスワードの変更が必要です。

by https://bokunimo.net


以下は、原作のREADME.mdです。


TTGO-Camera-Series

  • Now Arduino officially supports the camera, you need to update the Arduino to the latest, see arduino-esp32 for details.I am using the 1.0.1rc2 version when writing this code.

  • In order to support BME280, I will use Adafruit_BME280_Library, but this library conflicts with <esp_camera.h> and enters Adafruit_BME280_Library In Adafruit_BME280_Library change <Adafruit_BME280.h> --> 29 lines comment #include <Adafruit_Sensor.h>, BME280 this library does not use this header file, so comment out and no problem

  • OLED requires esp8266-oled-ssd1306 library support

  • Buttons require OneButton library support

Board Modify

  • The Camera version sold by TTGO will not have the BME280 sensor, because the temperature on the board affects the accuracy of the sensor. The default program does not enable the BME280 function. If necessary, turn on the ENABLE_BME280 (on esp32-camera-bme280.ino line 12)
  • Add OV2640 microphone version board support, need to enable TTGO_OV2640_V16 macro for pin conversion, no microphone test, need microphone test please use T-Camera

TTGO CAM PINS

Name BME280/NoBME280-Version Microphone-Version
Y9 39 36
Y8 36 15
Y7 23 12
Y6 18 39
Y5 15 35
Y4 4 14
Y3 14 13
Y2 5 34
VSNC 27 5
HREF 25 27
PCLK 19 25
PWD 26 N/A
XCLK 32 4
SIOD 13 18
SIOC 12 23
RESET N/A N/A
SDA 21 21
SCL 22 22
Button 34 0
PIR 33 19
  • BUTTON Click: Reverse camera Currently the camera reverse color will not be normal, see issues#9

  • BUTTON LongPress : Enter sleep Mode , Sleep current 6.9mA

  • RESET BUTTON: When the battery is powered, click to turn on the power

  • PIR: Detecting human motion and will display the first screen

You can’t perform that action at this time.