Skip to content
IoT Photo Frames
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
iot-photo_m5
iot-photo_oled
.gitignore
LICENSE
README.md

README.md

IoT Photo Frames ESP32 (M5Stack, SSD1331, ILI9341)

Wi-Fiカメラからの画像を表示することが出来るフォトフレーム用ソフトです。

ブログ記事:TTGO T-Camera+M5StackでWi-Fiカメラ

有機ELディスプレイSSD1331用と、液晶ディスプレイILI9341の2種類を用意しました。
M5 Stackには、iot-photo_m5を使用ください。

対応カメラ

TTGO T-Camera に対応しています。詳細ならびにソフトウェアについては、下記をご覧ください。

コンパイル方法

Arduino IDEに、arduino-esp32を組み込んで、コンパイルを行います。arduino-esp32のバージョンは 1.0.2 を使用しました。

コンパイル時に必要なライブラリ:

Arduino IDEの[ツール]メニュー⇒[ボード]から、「ESP32 Dev Module」を選択してください。
SPIFFSを使用しているので、Flash Sizeを 4MB に、Partition Schemeを「Default 4MB with spiffs」設定してください。

  • Arduino IDE:[ツール]⇒[ボード]⇒[ESP32 Dev Module]
  • Flash Size : 4MB
  • Partition Scheme : Default 4MB with spiffs (1.2MB APP 1.5MB SPIFFS)

使用方法

はじめにSTAモード(SSID=1234ABCD、パスワード=password)で動作を開始しようとします。
無線LANアクセスポイントが見つからなかったら、APモード(同じSSIDとパスワード)で動作します。

SSIDの変更方法

iot-photo.ino の下記の部分を変更してください。

#define SSID "1234ABCD" 						// 無線LANアクセスポイントのSSID
#define PASS "password" 						// パスワード
#define SSID_AP "1234ABCD"						// 本機の無線アクセスポイントのSSID
#define PASS_AP "password"						// パスワード

ご注意・外部から不正に侵入される可能性があります

本ソフトウェアの配布にあたり、SSIDとパスワードを公開しています。運用時はSSIDやパスワードの変更が必要です。

by https://bokunimo.net


以下は M5Stack用のディスプレイドライバ部の説明です。

example64_photo_m5 for M5 Stack

FORKED from Adafruit ILI9341 Library.

M5 Stack上で動作するArduino用ライブラリを利用しています。 Adafruit GFX API を使って液晶を制御することが出来ます。 以下のソースを組み合わせて作成しました。

by Wataru KUNINO

You can’t perform that action at this time.