Skip to content
Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
84 lines (53 sloc) 3.28 KB

IoT Photo Frames ESP32 (M5Stack, SSD1331, ILI9341)

Wi-Fiカメラからの画像を表示することが出来るフォトフレーム用ソフトです。

ブログ記事:TTGO T-Camera+M5StackでWi-Fiカメラ

有機ELディスプレイSSD1331用と、液晶ディスプレイILI9341の2種類を用意しました。
M5 Stackには、iot-photo_m5を使用ください。

対応カメラ

TTGO T-Camera に対応しています。詳細ならびにソフトウェアについては、下記をご覧ください。

コンパイル方法

Arduino IDEに、arduino-esp32を組み込んで、コンパイルを行います。arduino-esp32のバージョンは 1.0.2 を使用しました。

コンパイル時に必要なライブラリ:

Arduino IDEの[ツール]メニュー⇒[ボード]から、「ESP32 Dev Module」を選択してください。
SPIFFSを使用しているので、Flash Sizeを 4MB に、Partition Schemeを「Default 4MB with spiffs」設定してください。

  • Arduino IDE:[ツール]⇒[ボード]⇒[ESP32 Dev Module]
  • Flash Size : 4MB
  • Partition Scheme : Default 4MB with spiffs (1.2MB APP 1.5MB SPIFFS)

使用方法

はじめにSTAモード(SSID=1234ABCD、パスワード=password)で動作を開始しようとします。
無線LANアクセスポイントが見つからなかったら、APモード(同じSSIDとパスワード)で動作します。

SSIDの変更方法

iot-photo.ino の下記の部分を変更してください。

#define SSID "1234ABCD" 						// 無線LANアクセスポイントのSSID
#define PASS "password" 						// パスワード
#define SSID_AP "1234ABCD"						// 本機の無線アクセスポイントのSSID
#define PASS_AP "password"						// パスワード

ご注意・外部から不正に侵入される可能性があります

本ソフトウェアの配布にあたり、SSIDとパスワードを公開しています。運用時はSSIDやパスワードの変更が必要です。

by https://bokunimo.net


以下は M5Stack用のディスプレイドライバ部の説明です。

example64_photo_m5 for M5 Stack

FORKED from Adafruit ILI9341 Library.

M5 Stack上で動作するArduino用ライブラリを利用しています。 Adafruit GFX API を使って液晶を制御することが出来ます。 以下のソースを組み合わせて作成しました。

by Wataru KUNINO

You can’t perform that action at this time.